俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

冷やかなエンターキーに触れにけり

作者 塩豆  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

いつもお世話になります!
パソコンで何でも出来てしまう時代ですが、時としてエンターキー一つで何か重大な事を引き起こすことも出来るかもしれません。この俳句は非情な決断に迫られ、エンターキーにひとまず指をかける状況をイメージして詠みました。

最新の添削

「冷やかなエンターキーに触れにけり」の批評

回答者 腹井壮

リアル社会とネットでキャラの使い分けが出来ない腹胃壮です。たぶんリアル社会で不当な評価を受けているとは思っていないからでしょう。いつもお世話様です。
この句に関してはハオニーさんの御指摘はごもっともだと思います。ただ、淡々と入力業務が行われているオフィスの風景がイメージされて面白い無季の俳句になっていると思いました。

点数: 1

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「冷やかなエンターキーに触れにけり」の批評

回答者 ハオニー

これ、季語の力は弱いでしょうが、そこに詩的な何かがあればいいと思います
その点から考えると、俳句で通すよりは川柳へ転換した方がいい題材かもしれません

ハオニーが一番に考えたことは、決断が揺らいでいるという意味ならば「けり」は似合わない気がするということです

エンターキーしか残せないので、これは添削と呼べませんが...
大西日我が決断のエンターキー

点数: 3

添削のお礼として、ハオニーさんの俳句の感想を書いてください >>

「冷やかなエンターキーに触れにけり」の批評

回答者 なおこ

塩豆様、こんばんは。
コメントありがとうございます。
さっそく考えてみました。
夜更かしと二切れずつの西瓜かな
眠れずにを
夜更かしと 、寝そびれて
に変えてみましたが、寝そびれてでは切れが出来てしまうので…
いかがでしょうか?

点数: 1

添削のお礼として、なおこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

エロ本の最中の誤字や秋ともし

作者名 加良太知 回答数 : 2

投稿日時:

桃色に色づく春ときみとぼく

作者名 さけふれーく極 回答数 : 2

投稿日時:

老いたりてしみじみ仰ぐ夕桜

作者名 佐渡 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『冷やかなエンターキーに触れにけり』 作者: 塩豆
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ