俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

節分の風のにほひのかはりけり

作者 よした 山月  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

お願いいたします。

季節の移り変わりを詠みました。
「節分や」としてしまいたくなりました。

最新の添削

「節分の風のにほひのかはりけり」の批評

回答者 ちゃあき

おはようございます。季節の変わり目をにほひで表現しており好感が持てる佳い句だと思います。旧仮名表記がやわらかい雰囲気を出していて、またまたほっこりさせて頂きました。(^.^) 「節分」という冬の季語は意外に合っているかも知れません。僕もこのままいただきます。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「節分の風のにほひのかはりけり」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

いろいろ守ろうと頑張っていますね。
努力の形跡は感じます。

「季節の移り変わりを詠みました」という句なのですが、有季の俳句は基本的に季節のうつりかわりを詠んでいるので、ある意味難しいテーマに挑戦しているという・・・(笑)

句の意味は、「立春」など「季節の変わった日」の季語の方が合いますが、そうすると季語の説明になってしまうかな・・・
上五に「時候の季語」の多くが入ってしまいます。いわゆる「季語が動く」状態です。それを前提として、このままいただきます。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「節分の風のにほひのかはりけり」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。実感の句としていただきます!
節分でなくても、という意見は出ると思います。私もそう思いました!そのうえで、冬から春へと変わっていくこの時期と言えど、寒さも残って何もかわらないじゃんと、思ったけれど、あ、風のにおいはちゃんと春になっているんだなあという。「けり」もうまく効いている句のように思います(^^♪

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「節分の風のにほひのかはりけり」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。よした山月様、いつもお世話になってます。
御句拝読しました。これは素晴らしいですね。失礼ですが、今までのよしたさんの句とは一線を画していると思います。
色々とお感じになったこと、言いたいことは多々お有りだろうと思いますが、それを抑えて、「風の匂いが変わった」とだけおっしゃっている。
大変失礼ながら、これまでであれば、「春めいて」とか「暖かく」とかおっしゃったのではないかと(ごめんなさい)。

他の方がおっしゃるように、確かにこの句は立秋とかでも通用すると思いますが、それはそれとして、このまま鑑賞させていただきます。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

栗おこわぎっしり詰めてと目で合図

作者名 素一 回答数 : 1

投稿日時:

朝霧はダム湖の上にきて止まる

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

中一の彼女へ渡す染浴衣

作者名 カイ 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『節分の風のにほひのかはりけり』 作者: よした 山月
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ