俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

シャトル打つ音ハシュンと凍てし朝

作者 大猫  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

体育館でバドミントンの朝稽古。
ハシュンと乾いた音が凍てつく朝に響いた光景を詠んだ句です。

最新の添削

「シャトル打つ音ハシュンと凍てし朝」の批評

回答者 なおじい

こんにちは。大猫様、いつもお世話になってます。
拙句「初荒神」にコメント有難うございました。季節を感じてくださって嬉しく思います。

御句拝読しました。オノマトペが効果的ですね。
しかし私は初読では、「こんな寒い朝っぱらからなんでバドミントンなんかやってるの?」なんて思いましたが、秋沙美さんは「体育館でバドミントンの朝練の風景が飛び込んできた」とのこと。さすがです。こういうところに力の差が出てしまいます。

ただ、そんな秋沙美さんと共通した意見としては、オノマトペを使うなら、それは単独で置かないとオノマトペにした意味がないという点です。例えば「ガツガツと勢いよく食べる」は、ガツガツに「勢いよく」という意味が含まれているので、「ガツガツと食べる」にしないと重複してしまうと(場合によりこれでも重複)。これは私は最近学びました。
そこで御句ですが、ハシュンというオノマトペに「シャトルを打つ音」という意味が含まれていますので、それを説明することはなかろうかと思います。
また、御句、中六ですよね?ちょっとリズムが良くないかもです。

・凍てし朝ハシュンハシュンとシャトル飛ぶ

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

朝寒をハシュンと伸びるシャトルかな

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

まず良い点としては、朝の体育館でバドミントンの朝練の風景が一目で飛び込んで来た事です。ハシュンというオノマトペも独特ですね。
良い点である一方で、分かりやすすぎるのも問題です。せっかく独特な「ハシュン」というオノマトペを用いているので、「この擬音はシャトルを打つ音です」と全部説明しては勿体無いです。
「このハシュンとはどういう意味なんだろう?」と読者に想像の余白を持たせてやりたく思います。
「シャトル」という語が擬音の意味を種明かしする役割となります。ですのでシャトルを最後に持ってくる語順にする方が、この句の場合は得かと。

中六はやはり気になります。中七にするのが難しければ、まだ中八で余らせた方がリズムは整うかと思います

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

元旦やピピッとけふも六度二分

作者名 ちゃあき 回答数 : 10

投稿日時:

校舎脇遊ぶ子ら待つ紫陽花よ

作者名 ナマエツケテヨ 回答数 : 1

投稿日時:

好き好きと好き好きと啼く四十雀

作者名 卯筒 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『シャトル打つ音ハシュンと凍てし朝』 作者: 大猫
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ