俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

ふわもこと甘味のごときけさの雪

作者 大猫  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

窓から見たふわもこの雪に大甘党の血が騒ぎ詠んだ句です。

最新の添削

「ふわもこと甘味のごときけさの雪」の批評

回答者 なおじい

こんにちは。大猫様、いつもお世話になってます。
御句拝読しました。これは、甘味というより、かき氷ではないですか?
でもかき氷とは詠めませんよね。フラッペでもダメか。
そうなると綿菓子、わた飴ということになりますね。
あるいは、原点の砂糖で詠んでみたらいかがでしょう?

・ふわもこの粉砂糖のごと今朝の雪

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「ふわもこと甘味のごときけさの雪」の批評

回答者 ちゃあき

句の評価:
★★★★★

こんにちは。いつも勉強させて頂きありがとうございます。御句を拝読して甘味のごときという表現に多少違和感を覚えました。甘さうにとかに変えた方がいいような気がします。
・甘さうにふわふわもこと今朝の雪

点数: 1

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

「ふわもこと甘味のごときけさの雪」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句、これは甘味(かんみ)でしょうか?
甘味処とかの?氷菓子やあんみつみたいな?
そういう風に読んだのですが、それでも「甘味」を別の何かにたとえられそうですが、
そうなると、雪を綿菓子とかにたとえるような路線に入るので、類想多そうですね(^▽^)/

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

焼藷屋今に来るかと耳澄ます

作者名 肥川 稔 回答数 : 1

投稿日時:

山でなく鶯今は街で鳴く

作者名 沖一徹 回答数 : 2

投稿日時:

寝待月子のおしやべりの声高く

作者名 はや 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『ふわもこと甘味のごときけさの雪』 作者: 大猫
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ