俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

風邪の身や夢の浮き橋とりみる手

作者 よした 山月  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

よろしくお願いいたします。

風邪をひき、長夜を耐える独り身に
世話してくれる手は(求めるのは)、夢の中の儚いもののようだなと…

これもこじらせ過ぎでしょうか。。。

最新の添削

「風邪の身や夢の浮き橋とりみる手」の批評

回答者 なおじい

こんにちは。よした山月様、いつもお世話になってます。
御句拝読しました。まるでわかりません。ごめんなさい。
一番のガンは「とりみる手」です。勉強不足の私だけかと思っていましたら、先のお二人もご不明とのこと、安心しました(笑)。
コメントを読んでも、「夢」が、いわゆる夜に見る夢なのか、希望や願望の夢なのかがハッキリしません。従って提案句も作りにくいです。
「夢」は使い方が難しいと思いますよ。
これは提案句ではありませんが、例えば、

・風邪ひいて世話してもらう夢をみた

とかであれば、まだわかりますというか、提案のしようがありますけど…。キツくてごめんなさい。
一緒に頑張りましょう!

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「風邪の身や夢の浮き橋とりみる手」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

風邪で寝付けずに源氏物語でも読んでいるのかと思いました。
初読では「源氏物語の「夢浮橋」巻を本棚から取った時の自分の手を見た」だったののですが、上五「風邪の身の」と映像がつながらず。

多分、コメントを読んだ上で、意味がわかっていません。
こじらせているかどうかもわかりませんでした。

「みる手」の手は自分の手なのでしょうか?
「とり」は何をどこから取ったのでしょう?
「夢の浮き橋」も、「夢うつつ」と言いたいならこんな凝った言葉を使わない方が・・・うーん。

以前に気になったコメントがあったのですが、俳句は「難しさと簡単さの中間」を狙うようなものではないので・・・むしろ簡単でシンプルな方が好まれますよ。

・風邪寝して夢の浮橋読み尽くす

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「風邪の身や夢の浮き橋とりみる手」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。やはり、中七下五が読みづらいですかね。
「夢の浮橋」がはかなきものの喩えというのはわかります。「とりみる手」はどういう意味か読めず。「取り見る」ということ?それなら、イサクさんのおっしゃる源氏物語を読む風邪籠のように読めます。
今の勝負所は、光景が届いたよー、ということだと思います。こういう措辞はかっこ良いけど、届きづらいかなー、わかりづらいかなーという措辞を省きながら、ばしっと届くような17音ができるとガッツポーズかなと思ったり。
泥棒のやうに差し足雪の朝
お洒落げに綿雪被る石灯籠
こういう句は光景が届いているので、重複とか説明ぽいとか、さらに光景を広げられる話になっていくのです。また次を楽しみにしてますー(^▽^)/

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

山暮れてやがて川暮れ風の盆

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

バレンタインオレンジピール所望され

作者名 宮武桜子 回答数 : 5

投稿日時:

蜩や竿の手入れに余念なく

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『風邪の身や夢の浮き橋とりみる手』 作者: よした 山月
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ