俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

寒旱しおしおの目の六十路かな

作者 ちゃあき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

最近、目がしおしおのぱあです。ドライアイの原因の一つは寒旱かもしれないなと思って・・・ 違いましょうか? よろしくお願いします。

最新の添削

「寒旱しおしおの目の六十路かな」の批評

回答者 なおじい

こんにちは。ちゃあき様、いつもお世話になってます。
御句拝読しました。レスポンスがご投句の順番と前後して申し訳ありません。
他の方が既に因果関係等をコメントなさっていますので、いまさら私が…という感がありますが、少しだけ。
「目がしおしおする」というのは一般的なのですか?私の地域では「しょぼしょぼする」と言っております。
確かに老化現象(加齢)により目がしょぼしょぼしやすくなりますが、必ずしもみんながみんなそうなるというものでもなく、また、乾燥しやすい冬の時季はしょぼしょぼしやすいですがやはり個人差があるようです。
ですのでここは、原因を自分でどちらに置くかですねー。
そうなりますと、季語寒旱に原因を求めると、因果関係が生まれて良くないようですので、六十路だけのせいにして、乾燥とはまるで関係のない季語を持ってきてはいかがでしょうか。

・しょぼしょぼの六十路の目にも冬北斗
・山眠るしょぼしょぼの目の六十路かな
・しょぼしょぼの目にも春待つ六十路かな

…なんだか、私も目がしょぼしょぼしてきました…。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「寒旱しおしおの目の六十路かな」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

もし寒旱のせいで、しおしおの目なのなら、寒旱(なので)と因果が強い句になりますが、実際は六十路のせいなんですよね。コメントを見なければいいのかな。
くだら野やしおしおしたる六十路の目

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「寒旱しおしおの目の六十路かな」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

季語とその他の部分の近さのせいで、季語「寒旱」がその他の部分を比喩のように説明している、ような形に見えます。
「寒旱のような目」という意味ですね。
これでは季語が比喩なので、因果関係「寒旱だから目がしおしお」の方が、季語がそこに存在するだけマシなのですが、いずれにしても季語の再検討ですね・・・
季語によっては語順も再検討です。

・しおしおの目の六十路かな春隣

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

春きざす巣立ちの前の床磨き

作者名 鎌田 潤一 回答数 : 3

投稿日時:

白菜に見ゆ結晶はノスタルジ

作者名 よした 山月 回答数 : 5

投稿日時:

要望:厳しくしてください

鬼灯を鳴らす口もと不思議がり

作者名 ちゃあき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『寒旱しおしおの目の六十路かな』 作者: ちゃあき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ