俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

十日には十人ほどへ寒見舞ひ

作者 久田しげき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

毎年、訃報を頂いた方へ。

最新の添削

「十日には十人ほどへ寒見舞ひ」の批評

回答者 翔子

久田しげき様
友が亡くなるとお寂しいですね、私は今のところ、親しい友人は亡くなってはおりませんが、短大時代の友とは、少しやり取りが疎かになっているので、手紙を書いて、また会いたいなと思っております。パートで役所務めの友もだいぶ仕事になれてきたようでまたランチをするのが楽しみです😊

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、翔子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

月光や寺門を叩く七日蝉

作者名 渡 弘道 回答数 : 2

投稿日時:

がんじきをこぼれる落ち葉手で拾い

作者名 こま爺 回答数 : 1

投稿日時:

行く人の知るも知らぬも浮かぶ月

作者名 なおじい 回答数 : 35

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『十日には十人ほどへ寒見舞ひ』 作者: 久田しげき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ