俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

処暑の庭雨に濡れたる赤い花

作者 友也  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

このページに来てくださり、心から感謝します。初秋になったとはいえ暑い日が続いておりますが、どうぞご自愛ください。

すみません。先ほど投句した「ペチュニア」は夏の季語でした。季重なりになるので投句し直します。

批評・添削していただければ幸いです。よろしくお願い致します。今日も惜しみない祝福がありますように。そしてさらなるご健勝とご健吟を心よりお祈り致します。私も至らない点が多いですが、精進して参ります。

最新の添削

「処暑の庭雨に濡れたる赤い花」の批評

回答者 イサク

おはようございます。

最近の句はまた「自分の体験を【報告】しよう」という傾向がでているかと・・・
そこにある「もの」を「詩」の「描写」にするにはどうしたらいいか?
という工夫を考えてみてください。

◆前ふたつの句について。
 「字足らず」が効果的かどうか。これは俳句の先生に聞いても意見がわかれるようなことだと思いますし、句歴の短い我々程度では判断つきかねるかと思います。
 適当に「効いてますね!」「効いてませんね!」とか我々が言ったところで間違っている可能性は大いにあります。それよりもできるだけリズムを守る練習を方がよいと思います。

御句、
◆これも語順が報告になっています。
 助詞が省略されていますが「処暑の庭【で】」という繋がりになっていますね。
 その使い方では、季語を主役にしにくいかと。
◆「たる」を使うならば文語文法なので「赤き花」ですね。

・赤き花雨に濡れたる処暑の庭

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

連翹の花拾いお守りとする

作者名 森本可南 回答数 : 1

投稿日時:

追う敵や車窓春光トイレしたい

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

短日や友とゐるだけ話すだけ

作者名 智泉 由紀子 回答数 : 3

投稿日時:

要望:厳しくしてください

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『処暑の庭雨に濡れたる赤い花』 作者: 友也
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ