俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

若水や闇に釣瓶を落としては

作者 久田しげき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

深井戸から汲み上げて。

最新の添削

「若水や闇に釣瓶を落としては」の批評

回答者 翔子

久田しげき様
若水ですか、縁起が宜しいですね😊私の姉の家には井戸?があり、孫がそこでよく遊びます(汲める様になっていますが、子どもが落ちないようになっています。やんちゃなので💦)あと祖母の家の近くにもございました。今は埋められてしまっています、懐かしいです。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、翔子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

新緑の胸に沁み入る香りかな

作者名 東野 宗孝 回答数 : 0

投稿日時:

年の豆年の数だと孫不服

作者名 游歩人 回答数 : 7

投稿日時:

コンビニのアイス売り場に手を翳す

作者名 根津C太 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『若水や闇に釣瓶を落としては』 作者: 久田しげき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ