俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

暦手に寿ぎおもふ初むかし

作者 よした 山月  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

よろしくお願いいたします。

初昔という季語を教えていただき
その音や字面の綺麗さに惹かれて

去年は身内の間で色々と不幸が重なり
三箇日の集まりでは、今年はよい年にしようねと
話し合うことしきり。

暦を手に改めて、年や干支が変わり
新たな年を迎えたのだなぁと感慨に浸りつつ
色々あれども、こうして健康で新年を皆で迎えられたことに感謝して。

こよみ、てに、想ふ、などどこを漢字にし、しないのか、見た感じも悩んだ末
初むかし、といたしました。

このあたりもぜひ、よい決めどころなどありましたら教えてください。
よろしくお願いいたします。

最新の添削

「暦手に寿ぎおもふ初むかし」の批評

回答者 イサク

こんにちは。

細かくいきます。
◆句に詰め込みが見られます。
季語「初昔」は旧年(昨年)のことを想う感慨ですが、この句の「昨年のこと」とはなんでしょうか?
 句意として「今年の幸福を願う」のであれば、うしろを振り返るような「初昔」という季語は合いません。
◆「寿ぎおもふ」という言い方を他で使いますか?「寿ぐ」のではなく?
◆句の唯一の映像の小道具である「暦」が「手に」とさらっと流されて終わっていますね。
 むしろ中七の「寿ぎおもふ」が句の主役になっていますが・・・
◆私は最近は「俳句に詩を出す材料として気持ちが書かれてもいい」とは思っていますが、うーん。
◆厳しめに言えば、「暦」と出したから「初昔」という季語を使ってもいいよね?みたいにも取れます。

提案と言うか、詰め込みを整理して、2パターンほど考えます。

・季語「初昔」を大切にする場合
 新しき暦を掛けて初昔 (昨年を振り返る感慨)

・「今年は良い年に」という願いを優先する場合
 元日の暦に幸を願ひけり (今年の暦を見ている)

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

冬日向延命水を汲みにけり

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

詠むことぞ読んで力に夜半の春

作者名 白井百合子 回答数 : 3

投稿日時:

喧嘩してカーネーションをそっと置く

作者名 清香 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『暦手に寿ぎおもふ初むかし』 作者: よした 山月
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ