俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

新春か迷う心のチョコレート

作者 翔子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

お呼ばれに奮発して買おうとしているゴディバのチョコレート、年末ハッピーバックより新春ハッピーバックの方が300円程安くて半額。やはり新春まで待つか💦下手を承知でたくさん投句しています。宜しくお願い致します🙏

最新の添削

「新春か迷う心のチョコレート」の批評

回答者 なおじい

こんにちは。西瓜糖様、いつもお世話になってます。
御句拝読しました。
27日以降、とても精力的なペースでご投句なさっていますね。この句のコメントで、「下手を承知でたくさん投句しています」などとおっしゃっていますが、このサイトはコンテストではなく道場ですから、下手とかそういうことはお気になさらなくてもいいのかと思いますよ。

ただ、西瓜糖さんの最近の句には、失礼ですが二つの傾向が見られるように思います。
一つは、季重なりです。もうすぐ年が明けるという微妙な時季ではありますが、やはり季語は一つのほうがわかりやすいのではと思います。

二つ目は、お心のうちをお詠みになっている句のことです。俳句の題材となりやすい花鳥風月あるいは日々の生活については、受け手も共感しやすいです。しかし、作者の内面のことはなかなか簡単には計り知れないことが多いので、解釈が難しく、いきおいコメントもしづらくなりがちです。

掲句は、初読では、何をお迷いかわかりませんでしたし、「新春」「迷う心」「チョコレート」の関係が、つかめませんでした。コメントを拝読して、なんだ、そういうことかと。
お迷いはこういうことでしょうか。

・チョコを買ふ今か半値の年明けか

全然上手くないのですが。少しは迷いが伝わり易くなるかと思います。

色々なことがある年の瀬から新年ではありますが、ご健勝をお祈りします。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

滝つぼや白装束の僧ひとり

作者名 佐渡 回答数 : 5

投稿日時:

冬ざれの寝床に君の髪二本

作者名 秋沙美 洋 回答数 : 4

投稿日時:

次のバス待つ間の釣瓶落しかな

作者名 ちゃあき 回答数 : 7

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『新春か迷う心のチョコレート』 作者: 翔子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ