俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

鬼灯の色鮮やかに小雨かな

作者 中山知美  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

ほおずき市に並ぶほうずきが小雨に濡れて色鮮やかに輝いておりました。

最新の添削

「鬼灯の色鮮やかに小雨かな」の批評

回答者 腹井壮

中山礼さん、はじめまして。腹胃壮と申します。鮮明なシーンを詠みとろうとした句ですね。しかしながら塩豆さんも仰っていましたが「色鮮やか」は直接言わず読者に想像させるのが俳句です。

紅を増す鬼灯市の小雨かな

拙い添削ですが参考になれば幸いです。

点数: 1

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「鬼灯の色鮮やかに小雨かな」の批評

回答者 塩豆

はじめましてです!塩豆と申します。
鬼灯の鮮やかな情景が目に浮かびました。しかし、わざわざ「鮮やか」と言わずとも「鬼灯」と「小雨」と来れば大体想像がついてしまいますので、この俳句の「色鮮やかに」は私なら取っ払います。
また、切れのある俳句での「かな」終わりは少しアブノーマルで難しいです。そしてやはりこの場合、「かな」がうまく機能していない気がします。前半で鬼灯の存在感が大きい割に、後で小雨も存在感を放ってきます。どっちに注目すればいいんだ?と読み手は思ってしまいます。

点数: 2

添削のお礼として、塩豆さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

春尽くや五人目の君去りぬ夜

作者名 幸福来々 回答数 : 3

投稿日時:

色失せし挙動不審な月笑ふ

作者名 三日酔いの防人 回答数 : 4

投稿日時:

缶弾きコーン落とす冬の夜

作者名 宮武桜子 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『鬼灯の色鮮やかに小雨かな』 作者: 中山知美
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ