俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

天高く馬肥ゆる秋を缶詰で喰ふ

作者 蟹工場  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

天高く馬肥ゆる『秋』その収穫の恵みを、小さな缶詰にして喰ってしまおうという、スケールの対比と素朴な情感を詠みこんだ句です。赤瀬川原平の『宇宙の罐詰』影響を多分に受けています。
『天高く』『馬肥ゆ』の季語を分けて使うことは、広々とした秋へ繋がるイメージを損ねかねず、また私の技量では、説明句の雰囲気が強くなるおそれがあり、躊躇しました。

最新の添削

「天高く馬肥ゆる秋を缶詰で喰ふ」の批評

回答者 なおじい

蟹工場さん、こんにちは。初めまして。御句の感想を置かせていただきます。

このサイトは添削道場ですので、投稿された俳句にメンバー同士で評価し合うというコンセプトです。
ですので私も初心者ながら、皆さんの俳句に感想と提案句を置かせていただいてます。

御句ですが、私の短い作句経験ではわからないことばかりです。何故五七五の定型に収めないのか、何故季語は一つになさらないのか、ご自分の言葉でないことわざのような文言を引用するのはどうしてだろう、季節は冬なのに秋の味覚の句とは?等々、理解しにくいことが複数ありました。
もちろん、定型でなければ絶対ダメだとか、季節外れの句を投稿してはいけないとか、そういうことを申し上げているのではありません。そんなルールもありません。
ただ、俳句そのものからも具体的な光景が見えにくいこともあり、どのように鑑賞させていただけばよいのかわからずにおります。
他の方々のコメントも拝読しながらもう少し学習させていただきたいと思います。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「天高く馬肥ゆる秋を缶詰で喰ふ」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
はじめまして、げばげばと申します。

御句。宇宙の罐詰ですか。AはBを包みながら、Bから包まれているという。
前衛俳句なのですね。秋は私たちを包みながら、私たちが秋を包んでもいる。缶詰の内側のラベルに「天高く馬肥ゆる秋」と書いていたら、ばくばく食べたいような気がしますね(*'▽')どんな心持がするのだろう。食べても食べても空腹なんだろう。

蟹工場さん、この名前も宇宙の罐詰から来ているのですか?いつも前衛俳句を句柄とされているのでしょうか?

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「天高く馬肥ゆる秋を缶詰で喰ふ」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。はじめまして。

ほぼ自由律の句ですね。

この句ひとつでは蟹工場様の技量がわからないです・・・
意図的に定型に納めない句であったのは理解しますが、「やむなし」なのか「自由律が好き」なのか「五七五のリズムに重要性を感じていない」のかわかりませんでした。
いつもなら「五七五に収めたらどうでしょう?」などとコメントするところですが・・・

「『天高く』『馬肥ゆ』の季語を分けて使うことは、広々とした秋へ繋がるイメージを損ねかねず」というコメントの部分の確固たるこだわりがあるならば、季語や音数について、作者でない者から言えることはなく・・・

誤解を恐れずに書くなら「手放しで褒め称えるような句」でもなく、
どのようなコメントを残したらいいかわかりませんでした。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「天高く馬肥ゆる秋を缶詰で喰ふ」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

蟹工場さん、こんにちは。初めまして。御句の感想を置かせていただきます。

このサイトは添削道場ですので、投稿された俳句にメンバー同士で評価し合うというコンセプトです。
ですので私も初心者ながら、皆さんの俳句に感想と提案句を置かせていただいてます。

御句ですが、私の短い作句経験ではわからないことばかりです。何故五七五の定型に収めないのか、何故季語は一つになさらないのか、ご自分の言葉でないことわざのような文言を引用するのはどうしてだろう、季節は冬なのに秋の味覚の句とは?等々、理解しにくいことが複数ありました。
もちろん、定型でなければ絶対ダメだとか、季節外れの句を投稿してはいけないとか、そういうことを申し上げているのではありません。そんなルールもありません。
ただ、俳句そのものからも具体的な光景が見えにくいこともあり、どのように鑑賞させていただけばよいのかわからずにおります。
他の方々のコメントも拝読しながらもう少し学習させていただきたいと思います。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

雪降るや道なき道を歩きをり

作者名 コウ 回答数 : 11

投稿日時:

君おもひグラスのしずく晩夏の候

作者名 ゆーすけ 回答数 : 1

投稿日時:

白鷺や奥入瀬川の細りけり

作者名 さつき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『天高く馬肥ゆる秋を缶詰で喰ふ』 作者: 蟹工場
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ