俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

水鳥やけふはそこかと古き橋

作者 中村あつこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

 潮の満干だけに影響される小さな川では、よく水鳥が見られます。今朝は其処にいるのかと、橋の上から見ました。

最新の添削

「水鳥やけふはそこかと古き橋」の批評

回答者 イサク

こんばんは。

下五「古き橋」に水鳥がいるのかと思ったら、コメントによれば自分が「古き橋」にいましたか・・・突然自分の立っている場所に視線が移動するとは思いませんので、わかりにくいですね。

水鳥がいつもいる場所が違っていて「けふはそこか」と思った、というのが句の面白みではありますが、そこに縛られすぎると句が窮屈かも・・・別の言葉でそれっぽい風景を出すのも練習になりますが・・・どうでしょうか。

・水鳥をけふはそこかと見おろして
・水鳥の見るたび違う顔をして

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「水鳥やけふはそこかと古き橋」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。あつこん様、いつもお世話になってます。
御句拝読しました。
確かに水鳥は、いつもそこにいそうなところに必ずいるとは限らず、おっ、今日はそこにいるのか、と思うときがありますよね。あつこんさんの優しさが感じられていい句だと思います。
ただ、私だけかもしれませんが、古き橋が「今日はそこにいるのか」と言っているような気がしました。
誤読ですが、そうしたオッサンを減らすために、次のようではいかがでしょうか。

・水鳥やけふはそこかと見おろせり

あー、でも橋が見えなくなるからダメか…。

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

猫の恋裏の塀には隙間あり

作者名 イサク 回答数 : 19

投稿日時:

端渓に墨たつぷりと春の宵

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

口実は夜涼み行くと送る駅

作者名 東次郎 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『水鳥やけふはそこかと古き橋』 作者: 中村あつこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ