俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

とおりゃんせ聞かぬ北風ひゅうと吹き

作者 睦郷  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

冬の交差点で信号待ちをしている時に、頬を北風が掠めて吹いたので、それを詠みたかったのですが、いまいち自信がありません。
よろしければ添削、アドバイス等よろしくお願いします。

最新の添削

「とおりゃんせ聞かぬ北風ひゅうと吹き」の批評

回答者 なおじい

睦郷さん、こんにちは。初めまして。御句の感想と提案句を置かせていただきます。

御句、初読では、全く意味がつかめませんでした。もちろん北風が吹いたのだな、とはわかりましたが、わからなかったのは「とおりゃんせ」です。降参してコメントを拝読。「冬の交差点で信号待ちを…」ああ、そうか、とおりゃんせって、信号を渡る時に目の不自由な方のために鳴る誘導音のことかと。
となると、北風がそれを聞かないということは、信号を守らないということ?
要するに、信号を待っていたら、信号を守らない北風がひゅうと吹いてきた、ということですね。わかりました!

北風はひゅうと吹くものだから省けますよ、的なアドバイスはもう出ていますから、私からは省略させていただきますね。

・交差点信号無視の北の風

「とおりゃんせを聞かぬ」を「信号無視の」と言い換えただけの句ですが、「北からの信号は赤だよ!」という意味があります。いかがでしょうか?

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「とおりゃんせ聞かぬ北風ひゅうと吹き」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。はじめまして。
それなりに俳句の勉強をなさっている方でしょうか?

以下ちょっぴり厳しめかもです。気に障ったらごめんなさい。

◆「とおりゃんせ聞かぬ」について、自分(作者)が「とおりゃんせを聞かない」と取れます。そう取るとこの句の意味がよくわからなくなります。
◆あるいは「とおりゃんせ(を)聞かぬ北風」ということでしょうか?
 そうすると「北風」を擬人化して「とおりゃんせを聞かない北風」とすることの意味を考えてしまいますが、コメントを読む限りではあまり意味がないような?
◆「交差点」=「とおりゃんせ」にやや安直感を感じます。提案句では残しますが・・・
◆下五「ひゅうと吹き」。北風は「ひゅうと吹く」ものなので、下五まるごと使った説明があまり効いてこないです。ここは言葉を変えてしまった方が・・・

コメントにある言葉をお借りして・・・

・とおりゃんせ鳴らず北風頬かすめ

あるいは季語「北風」を信頼するならば、シンプルに・・・

・北風や信号いまだ変わらざる

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「とおりゃんせ聞かぬ北風ひゅうと吹き」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
はじめまして、げばげばと申します。

プレバトの兼題で詠まれたのでしょうか?
御句、中七「聞かぬ」に悩んだこと、北風は吹くものなので、吹くという言葉は省けるというのは、イサクさんの指摘と同じです。北風と信号待ちだけで十分今の内容は表してます。あとは何を足しましょう。

北風や信号待ちの昼休
北風や信号待ちの暮れはてて
北風や信号待ちのデリバリー

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

それはまだ恋とは呼ばず早生蜜柑

作者名 秋沙美 洋 回答数 : 1

投稿日時:

ゴミ箱のメールそのまま花氷

作者名 しゅうこう 回答数 : 4

投稿日時:

人の腹一度突いて秋刀魚焼く

作者名 負乗 回答数 : 7

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『とおりゃんせ聞かぬ北風ひゅうと吹き』 作者: 睦郷
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ