俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

小春日やキミの温もりキミの笑み

作者 虎馬  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

小春日の暖かい日差しに、思わず想いを寄せる人の温もりと優しい笑顔が浮かんだ句になります。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「小春日やキミの温もりキミの笑み」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

こちらの句は後半が歌謡曲というかJポップというか・・・

◆「キミ」のカタカナが軽い印象を与えますね。
 狙ってやっているのだと思いますが、「大切な人」という印象からは遠のくような・・・
 素直に漢字の「君」にした方が良いと思います。
◆中七下五で、どのような情景を受け手に想像させたかったか、ですが・・・
 この句では「想像した」ということが描かれていないので、「そこにいる君」の「温もり」「笑み」と受け取るのが普通です。
◆「小春日」で「11月頃(初冬)の暖かい日」という意味がありますので、そこに「温もり」という温かい単語をぶつけるのは少々もったいないです。
 キミと「手をつないだ温もり」「抱き合った温もり」いずれを想像するかかわかりませんが、「小春日」という暖かい日の情景としては、あまり生きてこないと思いませんか?

という風にいろいろ考えるに、「キミの温もり」と書いてしまうのをやめて、もう少しコメントにある意図を丁寧に伝えてみては・・・という提案句を置いていきます。

・小春日や優しき君の笑み浮かぶ

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「小春日やキミの温もりキミの笑み」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

虎馬さん、こんにちは。お父上はご快復なさいましたか?お大事になさってくださいね。
さて御句、温かい雰囲気の伝わってくる句ですね。
感想がイサクさんと被るところが多いと思いますが、ご容赦くださいね。
まず気になったのは「キミ」ですね。お気持ちはわかりますが、俳句に詠む場合は「君」のほうがいいと思います。この「君」には、古代から伝わる、相手を慕う心がこもっており、単なる呼びかけの言葉ではないのです。

次に、「キミの温もりキミの笑み」ですが、これは小春日のような温もりと笑みを思い出している、という意味のようですが、それでは俳句として目の前に何もなくなってしまって作者の頭(心)の中だけの光景になり、誰も推察しようがなくなります。それは俳句になりません。
いま目の前で、「キミの温もりキミの笑み」を感じる何かがあるということですね。
年寄りには、温もりといえば手をつなぐことです。

・小春日や手を取る君の笑みうれし

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

春の海投げる小石に慙愧のせ

作者名 土屋 羊子 回答数 : 1

投稿日時:

遅れ来るバスは常なり街師走

作者名 久田しげき 回答数 : 3

投稿日時:

橋の下に花屑ひとつ流れ来る

作者名 卓鐘 回答数 : 7

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『小春日やキミの温もりキミの笑み』 作者: 虎馬
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ