俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

滔々と肘まで梨の果汁かな

作者 大江深夜  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

ジャケットを黒に統一ケーナ吹く 鹿沼 湖

かぬまっこさん東京俳壇五週連続入選おめでとうございます。
昨年の年間大賞もでしょうが1日1句の応募が実った結果ですね。
1日1句はできそうでなかなかできません。
連続記録がどこまで続くか楽しみにしています。

最新の添削

「滔々と肘まで梨の果汁かな」の批評

回答者 イサク

大江様 かぬまっこ様 おめでとうございます。

東京俳壇は、ネットでは特選しか掲載されず、地方民には入選に入ったかどうかを知る術がなく、自分の句が「公開」されたか確認できないため投句を控えております・・・

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「滔々と肘まで梨の果汁かな」の批評

回答者 かぬまっこ

句の評価:
★★★★★

ありがとうございます。(*^^*)

まさか✨と思う句が五週連続で入選したので驚いています。

ジャケットを黒に統一ケーナ吹く

この句は句会では先生からは評価されませんでした。
なので選者のストライクゾーンに入るかどうかって、あると思います。

「ケーナ吹く」の句は大江さんの「梨」の句と並んでの入選だったので特に嬉しかったです。(*^^*)

点数: 1

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

「滔々と肘まで梨の果汁かな」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。梨のみずみずしさが出た佳句ですね。
滔滔、という措辞が、大きな川など淀みない流れのイメージで、その大仰なほどの措辞が、梨の果汁だと知った時の、梨のみずみずしさへの驚き・発見。
梨をかぶりつきたいようなそんな気持ちになりました。
かぬまっこさんと揃って入選なんですね。
かぬまっこさんは毎日投句されてるのですか、、。すごいなあ、その姿勢を見習って、俳句に真摯に向かっていきたいと思います。いつも勉強になります。

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

一本のたばこ原爆忌を点す

作者名 つちや郷里 回答数 : 4

投稿日時:

残心の切っ先三寸鎌鼬

作者名 すがりとおる 回答数 : 3

投稿日時:

封印を米粒でする昭和の日

作者名 藤井茂 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『滔々と肘まで梨の果汁かな』 作者: 大江深夜
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ