俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

冬凪の湖面に映る城ひとつ

作者 卯筒  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

冬の琵琶湖の独り旅を詠んだ句です。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「冬凪の湖面に映る城ひとつ」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。波一つない湖に城が映ってるなんて素敵な光景ですね。
「冬凪」が波のない「海」のことをさしているのでは?ということが少し気になりました。湖はもともと波がないので、波が無くて穏やかだという季語に合うかというところです。あとは、映るですね。
「湖面に城ひとつ」でもいけるので、省けそうです。どんな季語を持って来ましょう?

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「冬凪の湖面に映る城ひとつ」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。卯筒様、いつもお世話になってます。
御句、琵琶湖に一人旅ですか。いいですね。私は大阪勤務だったころは、彦根まで担当地域でしたので、週に1〜2度は琵琶湖へ行きましたよ。観光ではありませんが(笑)。湖面に映るようなお城はどこでしょう。そういうことは全然詳しくなりませんでした。
御句は、いい感じと思いましたよ。下五の「城ひとつ」の「ひとつ」をどうとらえたらいいか、ちょっと悩みましたが。お城ですから、そういくつも映ることはないだろうと思って。
あと、げばさんのご指摘の「凪は海の話」というのももっともですね。

私の提案句ですが、

・冬の湖一人で廻る古城かな

なんかベタで言い古されたみたいで面白味がないか…。

・冬の旅湖面に映る城の影

よろしくお願いします。

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

難民の声クリスマスマーケット

作者名 友也 回答数 : 0

投稿日時:

歩み寄る蜂見ぬふりの限界値

作者名 葉月庵郁斗 回答数 : 4

投稿日時:

川風も入れてほしいよ夏料理

作者名 久田しげき 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『冬凪の湖面に映る城ひとつ』 作者: 卯筒
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ