俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

春一番開口一番君一番

作者 塚本夏樹  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

何を思うよりも先に君のことを思っているよ、という恋愛的なこと描いたのですが……

内容が薄くて本当にすみません。

優し目にお願いします。

最新の添削

「春一番開口一番君一番」の批評

回答者 なおじい

塚本夏樹さん、こんにちは。
御句の感想を置かせていただきます。
「優し目にお願いします」とのことですので、優しくお伝えしますね。

御句、おっしゃる通り、内容が薄いですね。ご自分でもおわかりなのは素晴らしいと思います。
これは単なる語呂合わせですね。
せめて季語がこの季節のものであれば、それでも評価の対象になりますけど、季節も的外れですよね。というか、このご投句が春一番が吹く頃のものであれば、印象は違うと思いますよ。
しかし、季節はこれから本格的な冬に向かうというときです。春一番ではなく木枯らしの季節です。まずはそこですね。
季節感が大切なのは、季語と内容がマッチしているかということが第一ですが、「いま詠む俳句か?」ということも大いに重要ですよ。

大丈夫ですか?私、優しいですか?

次に、俳句の内容に移ろうかと思いましたが、すでに長谷さんが優しくお伝えくださっていますね。私も申し上げると優しくなくなりますからやめておきます。

塚本さん、願わくば、今の季節の句を考えてみてください。私は夏が好きで、夏が終わって秋になる時は辛いですが、秋には秋の良さがありますから、それを認めて楽しむようにしています。冬も同じことです。
今の時季に春や夏の句が絶対にいけないわけではないですが、それはその季節に取っておいたほうがいいですよ。貯金として(笑)。

これに懲りずに、ぜひまたご投句ください!お待ちしてます!

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「春一番開口一番君一番」の批評

回答者 長谷機械児

句の評価:
★★★★★

塚本夏樹 さん、はじめまして。

御句について。

褒められるところは、動詞を使っていないところ。
気になるところは、定型でない(6・8・6)とか、季語「春一番」は本意に合っているか?とか…。

「優し目」に、ということなので、上記の点は脇において、それより何より気になる一点だけ。

何より気になる一点は、「一番」の畳みかけ、特に三つ目の「君一番」です。
同じ言葉を繰り返すという技法は、俳句でもありますが、やり過ぎは“言葉遊び”“駄洒落”として受け流されます。技法のために句意を殺しては本末転倒です。

早春の強風を受けながら(もしくは強風の吹く様を窓越しに見る室内に居て)、口を開くやいなや出てくる言葉が「君一番」…そんな言葉がありますか?

春一番の勢いを借りて、“開口一番”と「一番」のリフレインで勢いを増幅させて、下の句で言い放つ言葉は、より直球で良いと思います。

 春一番開口一番君が好き

今後ともよろしくお願いします。

点数: 0

添削のお礼として、長谷機械児さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

オリオンに吸い込まれゆくテールランプ

作者名 コウ 回答数 : 6

投稿日時:

荒海や遠く霞める佐渡島

作者名 イサク 回答数 : 8

投稿日時:

蜘蛛の糸飛びて住み処の葎かな

作者名 白井百合子 回答数 : 8

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『春一番開口一番君一番』 作者: 塚本夏樹
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ