俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

液体ムヒいつの日にか冬眠中

作者 塚本夏樹  投稿日

要望:褒めてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

夏の暑い時期が終わり、蚊がほとんどいなくなりました。
そんな中、必須アイテム「液体ムヒ」も出番がなくなりました。
押し入れの中の缶の中に放置されている様子を「冬眠」と表現しました。

この句で私の表現したいことは、伝わっているのでしょうか?

優しめにお願いします。

最新の添削

「液体ムヒいつの日にか冬眠中」の批評

回答者 なおじい

塚本夏樹さん、こんにちは。御句の感想と提案句を置かせていただきます。優しくしますね。

夏の蚊にはホント、閉口しますね。もういなくなってよかったです。痒み止めの薬は必需品ですねー。特に液体だと塗りやすいですし、手もベタベタしません。
でも、もうしばらく使わないですな。それを「冬眠中」とは、面白い表現です。

ただ、「冬眠」という季語は、蛇とかカエルとかの動物に使うようです。虫さされの痒み止めが冬眠とは、優しくしてくださいと言われても、ちょっと難しいですねー。
別に、冬眠させなくても、しまい込む、ということでいいのではないですか?どうしても冬眠させたいでしょうか?

私の提案句ですが、

・行く秋やお役御免の痒み止め

これであれば、NHK俳句にも出せますよ。いかがでしょう?

塚本さん、こうした我々の寸評に対して、塚本さんもご意見があるはずです。それを書き込んでくださってもいいのですよ。皆さん、コメントのお礼を兼ねてそうしています。添削などは、しなくてもいいのですよ。お待ちしてます!

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「液体ムヒいつの日にか冬眠中」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています!

御句、優しくしてくださいということですね!了解です!液体ムヒを使わないから冬眠してるという表現は面白いですね。6.6.6なので、リズムが気になりますが。

実際の冬眠でなく、季語が比喩に使われてるので、おかしみも含めて川柳っぽい感じはします。

もし冬眠にするなら、
蛇も蜥蜴も液体ムヒも冬眠し
としとみました。でも川柳感あり。

冬の蚊を出してみますか?
冬の蚊よ液体ムヒの出番なり
やはり川柳感を脱せなかったです。

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

胃薬の数多の粒や松七日

作者名 げばげば 回答数 : 6

投稿日時:

先ほどのは季語なしでした

作者名 おかえさき 回答数 : 0

投稿日時:

賑やかに船出待ちたり釣舟草

作者名 素一 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『液体ムヒいつの日にか冬眠中』 作者: 塚本夏樹
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ