俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

ふりかえる三和土に紅葉のお客さま

作者 ふじまる  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

自宅庭のカエデが落葉さかんです。
ひらりと舞い込んだ一葉を表現しました。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「ふりかえる三和土に紅葉のお客さま」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。はじめまして。

上五「ふりかえる」の五音にあまり意味がないですね。
とりあえず五音埋めただけ、ぐらいの状態になっています。

逆に中七以降は(中八の字余りですが)意図が明確に見えます。
ので、上五に「三和土を見る流れ」や「三和土の描写」などがもっと自然に入るといいと思います。

・早朝の三和土に紅葉のお客様

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「ふりかえる三和土に紅葉のお客さま」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
はじめまして、げばげばと申します。

御句、拝読しました。
三和土に紅葉があったことっはわかりました。あとは5音を使って誰が「ふりかえった」のか、の良し悪しですね。
「ふりかえる」5音使っても、三和土に紅葉があること以外の光景が増えないので、もったいないのかもしれません。
イサクさんは朝の光景にされています。そうなると朝早くの秋の澄んだ空気の中、三和土に紅葉があったことを感じて、味わいがぐっと変わります。こちらは夕刊をとりにいったような、そんな時間帯に。「へ」にして今落ちてきた感じに。いかがでしょう(^▽^)/

夕さりの三和土へ紅葉ひと葉かな

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

着膨れて見えるもの見えなくなりし

作者名 ケント 回答数 : 5

投稿日時:

秋しぐれ谷間の駅に昼灯

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

梅雨の日の獣の匂い山崩れ

作者名 めいしゅうの妻 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『ふりかえる三和土に紅葉のお客さま』 作者: ふじまる
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ