俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

大臣の顔触れ眺む神無月

作者 なおじい  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

こんにちは。先ほど投句しましたが、「神奈月」で投句してしまいました。これじゃものまね芸人です。
正しくはもちろん神無月。
あらためて置かせていただきます。
げばさん有難う。今度おごります!

最新の添削

大臣の顔ぶれ見つつ蜜柑むく

回答者 よし造

拙句・・コメントありがとうございます。質問に答えます。面白いといったのは、葉が重なり合う植物はあまりないのではないかと思ったからです。ホウレンソウや小松菜なども葉を巻き込んではいないのでは?「日を巻く」の「日」は陽の光でも、日々の日でもいいのですが、抽象を具象にというよくある表現方法です。身近で言えば「日めくり」が近い表現です。日がめくれるわけではないですから。私の句意は「一日一日を白菜は織り込んでいる」という意味です。この表現はうまくきまると互選の句会では得点できます。よく出てくるのが「水車が春光をまわす」という類です。
御句・・私の解釈では、神様がいないからと思ってろくな顔ぶれではないという句意ととりました。間違っているかもしれませんが、こんな風に解釈されるとあまり面白くないのでは?季語はストレートに意味を持たせない方がよいと私は思っています。
私はというのは、こういう使い方をしている人も少なくないからです。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、よし造さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「大臣の顔触れ眺む神無月」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも温かいコメントありがとうございます。
またおごってください(*'▽')

御句、時事ネタが好みでないわけではないですが、時事ネタになると季語が難しいなあと思ったりして、今回の「神無月」もなんとなく暦上10月ですというカレンダー感があるような気がします。それとも神がいないということに何か思いを乗せた時事句でしょうか。時事にいくなら、白菜を洗ったり漬けたりしながら見てる感じぐらいが好きかもです。
白菜洗ふ大臣の顔ぶれ並ぶ
白菜洗ふ新大臣の並びゐて

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

海賊の如く酒乱の烏賊釣舟

作者名 塩豆 回答数 : 5

投稿日時:

気が沈む初夏の太陽黄支子

作者名 海月 回答数 : 1

投稿日時:

油跳ねで火傷母にも僕にも

作者名 柳瀬竜郎 回答数 : 0

投稿日時:

要望:厳しくしてください

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『大臣の顔触れ眺む神無月』 作者: なおじい
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ