俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

ほうき星鯛焼きの香と追う家路

作者 卯筒  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

温かい鯛焼きを買い走って帰宅していると家の方角にすーっとほうき星が流れていく
そんなほうき星のように早く家に着き温かい鯛焼きが食べたいと言う思いを詠んだ句です。
『鯛焼きの香と足早にほうき星』と迷いましたがこちらの句を投句しました。

最新の添削

「ほうき星鯛焼きの香と追う家路」の批評

回答者 小西晴菜

卯筒さま。いつも楽しく拝読させていただいています。
「鯛焼き」冬の季語だったんですね。まずそれだけで、なんだか嬉しいです。
御句は「家路を急ぐ」というありふれた光景でありながら、いろいろな要素が五感に訴えてくるのが魅力だと思います。
冬の夜で、顔や手は冷たいのに、鯛焼きの袋だけはほっかほか。しかも甘い香りが漂う。ひとり暮らしなら、すぐ開けて鯛焼きを頬張りながら帰るところだけれど、家で待ってる人がいるから我慢して急ぐ。ふと見上げるとほうき星!!
漫画やアニメで、走る人の足もとに数本の線を描いて、スピードを表現することがありますが、そのイメージがほうき星と重なり、ファンタジー要素も感じられて、想像の世界が広がります。
卯筒さまの「落雁」「柿羊羹」も好きですが(決してお菓子限定じゃないです。「判じ絵」「ファラオ」の猫もお気に入りです)今回の句、とても気に入りました。
これからもよろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、小西晴菜さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「ほうき星鯛焼きの香と追う家路」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

ほうき星は季語ではないのですね。実景ならあれですが、なんとなく秋くらいの感じがしたりするという。でも比喩的ですよね。
追うというのがどういう光景かを少し難しくしているような。

鯛焼を抱ふる家路ほうき星

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

筆洗う流れゆくなり寒の水

作者名 洋子 回答数 : 3

投稿日時:

麦踏や名入りジャージの蟹歩き

作者名 世良日守 回答数 : 1

投稿日時:

山頂で夏風吹いて広い世界

作者名 中学生(初心者) 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『ほうき星鯛焼きの香と追う家路』 作者: 卯筒
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ