俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

肩に手を預けし兄と墓参かな

作者 素一  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

姪夫婦に連れられて兄がお盆に帰って来ました。杖をついてやっと歩けます。その兄と墓参りをしてきました。『墓参せし』の方が良いのか、元々俳句になっていないか分かりませんが、勉強と思い投句しました。ご指摘お願いします!

最新の添削

「肩に手を預けし兄と墓参かな」の批評

回答者 塩豆

こんばんはです!
良い俳句と思います。
この「かな終わり」は間違いなく有効です。座五に一体何が来るのかという期待やワクワク感を上五中七から感じました。そして最後に季語の「墓参」ときて、最後は「かな」で余韻を残しているわけですから、この使い方はまさに完璧ではないでしょうか。
もしも「墓参せし」としてしまえば、これはもう文法からおかしくなっちゃいます。少し難しい話をするかもしれませんが説明させてもらいます。「墓参せし」を品詞分解致しますと、サ変複合動詞「墓参す」の未然形「墓参せ」+過去の助動詞「き」の連体形「し」となります。助動詞「き」はサ変とカ変では未然形に接続するのです。

点数: 1

添削のお礼として、塩豆さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

土産屋へ鹿の入り来る秋の朝

作者名 久田しげき 回答数 : 2

投稿日時:

山賊のごとき褞袍やろくろ挽く

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

花ミモザ孫の話題はチョコの味

作者名 森 教安 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『肩に手を預けし兄と墓参かな』 作者: 素一
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ