俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

遠山に重なる低き朧月

作者 ベン  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

とても単調な感じがしてならないのですが、どうでしょうか。

連なる と 重なる で迷いました。

詠いたかった情景は、

遠くの山々へ隠れがかった
低く光る霞んだ月といった感じです。
本当は、中七
今年最後の と詠もうとしてました。

今年最後であろうなという気持ちを歌いたいのか、
月の美しさを歌いたいのか天秤にかけた結果、
今年最後の はボツとしました。

最新の添削

「遠山に重なる低き朧月」の批評

回答者 腹井壮

ベンさん、こんばんわ。いつもコメント有り難うございます。真っ先に思ったのは北野きのこさんな御指摘通り「低き」は不要である事です。その上で原句を俳句らしい調べに調えてみると

遠山に朧の月の沈みけり

になりますが何とも味気ないのでここから推敲してみて下さい。

点数: 1

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「遠山に重なる低き朧月」の批評

回答者 北野きのこ

ベンさんこんにちは。
句の感想を述べさせて頂きます。
よろしくお願いします。

一読して気になったのは「遠山に重なる月」と言えば月が空の低い位置にある事は読者に既に伝わっていそうだという点です。
わたしは「低き」は省略できると考えます。

もっと踏み込めば「遠山へ朧月」「遠山より朧月」「遠山と朧月」などとすれば遠山と朧月が重なっている光景であると示せる気がします。
「遠山へ月光が注いでいる」というような誤読を呼びそうでもありますが…

言葉を省いて生じた音数で「今年最後の朧月を惜しむ気持ち」を盛り込めないか考えてみます。

遠山へ今年最後の朧月

ストレートですが説明臭いです。

同じ山と月が重なっている瞬間でも、月が姿を現わす瞬間(月の出)なのか、もうすぐ見えなくなる瞬間(月の入り)なのかで印象が変わると思います。

「季節は春の終わり。月が山の向こうに去ってしまう瞬間です」
と描写する事で「春の月は見納めかも」というニュアンスを匂わせる事が出来ないでしょうか。

もっとストレートに季語を「惜春」にしてしまう手も考えました。
しかし「惜春の月」としてしまうと「月が季節を惜しんでいる」という擬人化に見えてしまいます。
季節を惜しんでいるのは月を眺めている人物ですよね。

惜春や遠き山へと沈む月

これだと春の季語「惜春」と秋の季語「月」が独立して読み込まれていて季節感が乱れます。

「惜春」作戦は諦めて…
色々悩んだ挙句こんな所に落ち着けてみました。

遠山へ晩春の月沈み行く

うまく要約できず、だらだらと長文になってしまい申し訳ありません。
以上、失礼しました!

点数: 2

添削のお礼として、北野きのこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

大晦日フェンスどこまで続くのか

作者名 イサク 回答数 : 9

投稿日時:

父親にメロンと鰻届けよか

作者名 翔子 回答数 : 2

投稿日時:

緋牡丹や朝日に更に緋を増して

作者名 04422 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『遠山に重なる低き朧月』 作者: ベン
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ