俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

千本の鳥居日の差す秋の日よ

作者 後藤咲音  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

千本鳥居のなかの薄暗い道に光が差し込んで見守っているような感じを表したいです
秋の季語を使いたいです

最新の添削

「千本の鳥居日の差す秋の日よ」の批評

回答者 なおじい

後藤咲音さん、こんにちは。初めまして。
御句の感想と提案句を置かせていただきます。

後藤さんのと同じところではないと思いますが、私も何本もの鳥居が続く道に、その鳥居と鳥居の間ごとに日がさして、なんとも言えない面白い景色になっている、そんな記憶があります。私のほうは千本もなかったですけど。

御句、イサクさんもおっしゃっていますが、「日」が二度出てくる点、下五が「よ」で終わる点を変えてみました。ただ、「日がさす」だとどうもうまくまとまりませんでしたので、逆を突いて影で詠んでみました。

・秋の日や千の鳥居の影続く
・秋の道千の鳥居の影落とす

音数の関係で千本の「本」も取らせていただきましたが意味は通じると思います。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「千本の鳥居日の差す秋の日よ」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。はじめまして。

完全に初心者さんというわけではなさそうですね?その前提でコメントします。

「日」が二回出てきます。意味が違う「日」というおつもりなのでしょうが、二度出すことにあまり意味がなくなってしまっているので、整理したいと思います。
「千本の鳥居」が前面に出ており、本当は「千本鳥居のなかの薄暗い道」に日が差したいとのことですが、十七音でどう入れ込むか・・・これが難しいです。

・千本の鳥居の隙へ秋日差す
・千本の鳥居の隙の秋日向
・千本の鳥居に秋日影の道

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

少年の黙なり鮫の餌付けショー

作者名 そうり 回答数 : 7

投稿日時:

木樹葬御霊が宿る花の命よ

作者名 葉月庵郁斗 回答数 : 4

投稿日時:

冬うらら前の上司を既読無視

作者名 秋沙美 洋 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『千本の鳥居日の差す秋の日よ』 作者: 後藤咲音
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ