俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

枝先に道理を学ぶ松手入

作者 中村あつこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

 この季節、伸びすぎたもの、他をじゃまするものは除き、古いものは潔く若い芽を育てる等としみじみとします。

最新の添削

「枝先に道理を学ぶ松手入」の批評

回答者 げばげば

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

たしかに句柄が少し違いますが、味わい深いですね!
哲学句、私も少し前、摘心摘果を生き延びた西瓜の句を詠みましたが、賛否ありました😆まあ、拙句は説明的すぎたのですけどね。説教的なメッセージ性がありすぎると忌む傾向はあるようです。だから描写に徹することを求めるのだと卓鐘さんに教えていただきました😆
こういう気持ちこもった句、嫌いじゃないです!

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「枝先に道理を学ぶ松手入」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

哲学的ですね・・・

哲学は俳句にあってもいいのですが、「道理を学ぶ松手入」としてしまうとやや説教くさいように感じますので、語順を変えて「気づき」っぽくしたいです。

・枝先に学ぶ道理や松手入

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「枝先に道理を学ぶ松手入」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。あつこん様、いつもお世話になってます。

っていうか、いつものあつこんさんですか?

急に作風が変わったものですから、どうなさったのかと思って…。

私も会社で若い者の邪魔にならないようにしないといけませんね。勉強になりました。

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

雪解けし山河を削り海原へ

作者名 星勲 回答数 : 2

投稿日時:

苔玉にあまたのひかり夏浅し

作者名 げばげば 回答数 : 8

投稿日時:

庭積もる白き雪花色競い

作者名 星勲 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『枝先に道理を学ぶ松手入』 作者: 中村あつこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ