俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

涼しさや月の船見て君思ふ

作者 ベン  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

初投稿です。
始めたてで、宜しければ添削をお願いしたく投稿しました。
24歳の若造です。

今日は冷たいくらい涼しい夜でした。
もう会いにはいけない寂しい気持ちと、気持ちのいい涼しい風が、くよくよせずに前を向けって言っているような気がします。
そんな気持ちを十七文字で表せるように考えました。

君思ふ 夜涼見上げし 月の船
こちらも候補でした。

どちらが良かったでしょうか。

最新の添削

「涼しさや月の船見て君思ふ」の批評

回答者 かぬまっこ

はじめましてベンさま。ベンさまの切ない気持ち分かります。でも、俳句では「君」と書けばもう思っているのです。だから「思ふ」は無だな言葉です。涼しは夏の季語、月の舟は秋の季語です。俳句は季語一つからが基本です。また、船見ての見てもいりません。船と書けば見ていることになるからです。さて、どう添削しましょうか。

🔷おくれ毛の君のうなじや月の舟

もう、これは添削ではないですね。\(_ _)

指摘事項: 季重なり

点数: 2

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「涼しさや月の船見て君思ふ」の批評

回答者 腹井壮

ベンさん、おはようございます。はじめまして。腹胃壮と申します。季重なりを避ける方法はありそうですが「月の船」の意味が良くわかりません。かぐや姫のようなメルヘンチックな世界なのか船の上から月を見上げているのか港から海を見た時に船の頭上に月が見えたのか。こちらの想像で宜しければ意図にそぐわない形の添削を出来ない事はありませんがどうなのでしょうか。

点数: 1

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

春祭りいと強きとふ皿白し

作者名 エイジちゃん 回答数 : 2

投稿日時:

幼馴染敬語で綴る年賀状

作者名 渡 弘道 回答数 : 7

投稿日時:

食べごろや尻などたたき西瓜食ふ

作者名 竜子 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『涼しさや月の船見て君思ふ』 作者: ベン
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ