俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

月山の昼には晴れて芋煮会

作者 負乗  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

「芋煮会」…経験ありませんです。
むろん想像句。…ちょっと平凡ですね。

最新の添削

「月山の昼には晴れて芋煮会」の批評

回答者 なおじい

こんにちは。負乗様、いつもお世話になってます。
拙句「カリスマの」にコメント有難うございました。勉強になります!

御句、月山と芋煮会、とてもマッチしますよ。私はいいと思います。
ですが、芋煮会は月山でやるのではなく、遠くに月山を眺めながら楽しむ感じですよね。
ですので「月山や」としてはいかがかと思いました。
しかしそれだとイサクさんと同じになりますので、何か他のことを。
「昼から晴れて」私はこういうフレーズ大好きです。説明的とか、時間経過とか、そういうことはわかりませんが、いいなあと思います。
提案句は、とはいえ、ちょっと変えさせていただいて(褒めといて変えるんかい!)、ごく客観的な表現にしました。
・月山を遠くに午後は芋煮会
位置関係は明瞭になりましたが、「遠くに」はおかしいかな…。それに芋煮会に絶対必要な「晴れた空」がないか…。
やはり原句の「月山の」を「月山や」に変えただけがいいかな…。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「月山の昼には晴れて芋煮会」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています

負乗さん、綺麗な句ですね。すがすがしい芋煮会です。
平凡とおっしゃいましたが、今回芋煮会でいろいろ見ていると、山形の月山は意外と詠まれているんですね。知りませんでした(^▽^)/
勉強になります!

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

チャリンコの吼えるロン毛や空っ風

作者名 いなだはまち 回答数 : 1

投稿日時:

サイダーや故郷の森は浅葱色

作者名 かぬまっこ 回答数 : 3

投稿日時:

蓋をあけたるソーダ水の音あまし

作者名 幸福来々 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『月山の昼には晴れて芋煮会』 作者: 負乗
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ