俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

彼の地へと旅してみたき芋煮会

作者 中村あつこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

 季節の行事ニュースで見たことはありますが、ただレシピを見て作っても、「芋煮会」はわからないそうです。
 彼の地は遠いけど、一度行ってまるっごと味わってみたいものです〜。

最新の添削

「彼の地へと旅してみたき芋煮会」の批評

回答者 げばげば

こんにちは。
いつも勉強させていただいています

なおじいさんがおっしゃる通りで、「芋煮会が目の前になくて頭の中で思い描いているだけというのが難点ですが…。」これです。
今、ここで芋煮会をやっていて、本場に行ってみたいという句にすれば、頭の中の芋煮会ではなくなりそうですね。

ということで、提案はこんな感じになりました。

陸奥へ旅してみたし芋煮会

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「彼の地へと旅してみたき芋煮会」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。あつこん様、いつもお世話になってます。
御句、お気持ちよく分かりますよ。秋の芋煮会は、特に東北(コメどころ)の人たちにとって、刈り入れが終わりホッとして、雪の季節までのとても過ごしやすい時季の大いなる楽しみだと思われます。
その雰囲気を体感するためにも、ぜひ当地を訪れてみたいですよね。

御句、しかし「彼の地」。私は意味はわかりますし問題はないのですが、個人的に単に字面から「お彼岸」を連想してしまい、はるか遠くのあの世を思い浮かべてしまいました。
これは明らかに考え過ぎで正しい鑑賞ではありません。彼の地でいいのです。
ただ、一応、自分を納得させるための提案句を置かせていただきます。

・ご当地へ旅してみたき芋煮会
・その本場訪ねてみたき芋煮会

芋煮会が目の前になくて頭の中で思い描いているだけというのが難点ですが…。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「彼の地へと旅してみたき芋煮会」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

こういう句もしばしばありますが、上五中七に自分の願望しかなく風景がないので、この句のどこで受け手を感動させるか、というテーマは残ります。
共感は得られるかもしれません。

上五中七の内容はちょっと置いておいて。
今の御句では上五から下五まですべて繋がっています。
上五中七で切って下五「芋煮会」というものの存在を明確にすると、もう少し芋煮会の風景が広がる気はします。

ちょっと無理に切ってみますが、

・彼の地へと旅したきかな芋煮会
・彼の地へと旅したくあり芋煮会

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

この深夜月下美人に寝そぶれて

作者名 久田しげき 回答数 : 3

投稿日時:

秋刀魚焼く煙たき事は遠き事

作者名 岸本義仁 回答数 : 2

投稿日時:

凍てる夜の一文字欠けるネオンかな

作者名 そうり 回答数 : 8

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『彼の地へと旅してみたき芋煮会』 作者: 中村あつこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ