俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

君ふわり色なき風の歩道橋

作者 卯筒  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

失恋の句です。
秋の乾いた風が彼女をふわりと連れ去ったのかと思うぐらいサクッとフラれました。
歩道橋にポツンと独り残されて。

最新の添削

「君ふわり色なき風の歩道橋」の批評

回答者 なおじい

こんにちは。卯筒様、いつもお世話になってます。
卯筒さんの句には出来るだけ返信しているつもりでしたが、この句には応答していないことに先程気がつきました。それに他の方のコメントもげばさんだけ。
ということで、遅ればせながら、感想と提案句を置かせていただきます。

げばさんもおっしゃっているように、「ふわり」の捉え方が難しいですね。「さらっと」という意味だとはわかるのですが。

提案句は、げばさんの
「君去りて色なき風の歩道橋」
これ、とてもいいのですが、同じでは悔しい(笑)。私は違うのを無理やり考えましたのでそれを置かせていただきます。

・色なき風君連れ去りし歩道橋

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「君ふわり色なき風の歩道橋」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

色なき風の歩道橋って響きいいですね!
君ふわり、の光景が読み取れず。スカートがはためいたのか、軽くジャンプしたのか、そういうイメージでしたが、それじゃあ、春の風っぽいし。秋の風だからもう少しもの悲しそうだけど、それ以上は読み取れずでしたm(_ _)m

君は去りて色なき風の歩道橋

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

臘梅の香に近寄りて目を閉じぬ

作者名 ちゃあき 回答数 : 4

投稿日時:

幾何学の試行錯誤や小鳥の巣

作者名 さび 回答数 : 4

投稿日時:

登山終へ下山の事は忘れたり

作者名 卓鐘 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『君ふわり色なき風の歩道橋』 作者: 卯筒
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ