俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

バトン落つゴール手前のささら荻

作者 卯筒  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

運動会のリレー
ゴール手前のどんでん返しを詠んだ句です。

最新の添削

「バトン落つゴール手前のささら荻」の批評

回答者 若草あやめ

お世話になります。
拙句、…秋の海にコメントありがとうございました。
取り合わせがおかしい…というコメントを頂く事が多い中、いい!と仰ってくださる方もいて嬉しいです!

御句、我が子の運動会でも似たような事がありましたが、
こんな風なおしゃれな表現にできるのだなと勉強になりました!

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、若草あやめさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「バトン落つゴール手前のささら荻」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。卯筒様、いつもお世話になってます。

御句、こういうことってありますよね。何年か前の地元の小学校の最終リレーでは、トップのアンカーの子のタスキが肩からずり落ちてきて、ゴール直前で足に絡まり転倒!最下位になるという悲惨な出来事がありました。

御句、「ささら荻」というのがよくわかりませんが、季語ですね。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「バトン落つゴール手前のささら荻」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句、これは絶妙な句だなと思います。
こういうことってよくありますよね。
最初は語順逆かなと思ってたんです。

ささら荻ゴール手前にバトン落つ

かなあと。バトンが落ちたというオチを最後にした方がいいのでは?と。
でもよく読むと違いますね。オチは季語ですね。

バトンが落ちた!ってなって。それは、実はゴール前の荻に吹くささやかな風だったんだよ、ってことなのかな。荻の声は神の声っていうくらいだから、神様のいたずらなんだよみたいな。または、ささら荻くらいのちょっとした風がふいたようなゴール前のハプニングでした!みたいな。

下五がささら荻の方が、いろいろ想像が膨らんで、これは面白い句でしたー(*'▽')

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「バトン落つゴール手前のささら荻」の批評

回答者 小西晴菜

句の評価:
★★★★★

卯筒さま。拙句「あいつ結局」にコメントくださり、ありがとうございます。褒めていただけてとても嬉しいです。
さて、御句ですが、リレー競技のひとコマで、季語「運動会」でも十分成り立つところを、いつも上品な句を詠まれる卯筒さまらしく、勝者の歓声、敗者の溜め息は封じて、秋の七草で下五をまとめられるのだな、でも「ささらハギ」ってなんだろう、小萩のことかな、なんて思っていました。
ところが······ん、違う、ハギじゃない!オギだ!漢字を読み間違っていました。
だったら「ささらオギ」って? 慌てて歳時記を見てびっくり。(なおじい様、私も知りませんでした。)
 「荻」は、風を含みて生ふる草、別名
  風聞草、風持草。
  オギの語源は、神の霊魂を招く意味の
  「招(お)ぐ」からきている、云々····。
これで、げばげば様がコメントされていたことも、なるほどと納得がいきます。
ゴール直前の無情なアクシデントは、きっと、オギが吹かせた風のせいだよ、と。
危ない、危ない、もう少しで、卯筒さまの意図を無視して、トンチンカンな解釈をしつつ、いい句ですね〜なんて言って、こんな素晴らしい句を見逃すところでした。
改めて、季語をよく知ることの大切さと、運動会のような人為的な活動もまた、四季の自然の中の営みだということを勉強させていただきました。
卯筒さま、失礼いたしました。また、ありがとうございました。

点数: 1

添削のお礼として、小西晴菜さんの俳句の感想を書いてください >>

「バトン落つゴール手前のささら荻」の批評

回答者 お七

句の評価:
★★★★★

はじめまして。
一週間前に初めて俳句を作ったという初心者です。御句と同日に投稿した拙句と御句が似ていると思いました。拙句は「転倒しバトン転がる運動会」です。拙句に比べて、卯筒さんの句の何と優雅で格調高いことか。いい勉強をさせていただきました。俳句のことを何も知らず、これから学んでいく所存です。よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、お七さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

シューベルトますにこつくり春炬燵

作者名 竜子 回答数 : 0

投稿日時:

大玉の西瓜の便り安堵かな

作者名 やす 回答数 : 2

投稿日時:

春宵や俳句嗜む数学者

作者名 ちゃあき 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『バトン落つゴール手前のささら荻』 作者: 卯筒
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ