俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

行く春をひらりひらりと君の肩

作者 なおこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

初めまして。まだ俳句を初めて一ヶ月です。
初心者なのでお恥ずかしいですが、勇気を出して添削を依頼してみる事にしました。
よろしくお願い致します。

最新の添削

「行く春をひらりひらりと君の肩」の批評

回答者 腹井壮

おはようございます。はじめまして。腹胃壮と申します。この句はたぶんなおこさんが頭の中で影像を作り上げるよりも言葉が先走っていますね。句の内容の良し悪しは別にしてまず御自分の頭の中でイメージを固めて詠みなおしたほうがよろしいかと思います。

点数: 2

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「行く春をひらりひらりと君の肩」の批評

回答者 塩豆

塩豆と申します。どうぞよろしくです!
何かのメッセージ性は感じるのですが、それが明確に伝わるよのうに表現する必要があると思います。「ひらりひらり」と言っているあたり、おそらく桜の散る様子を表現しているのでしょうが、それならば「桜」とちゃんと言ってしまえばいいのです。(的外れな勘繰りでしたらゴメンナサイです。)

桜散るひらりと君の撫で肩に

例えばこのようにすれば大分まとまると思います。そしてここで「なんだ、ありきたりな俳句になってしまったではないか!」と思われるかもです。
自分の個性を俳句に出すには「表現を工夫」することよりも「切り取るシーンを工夫」することの方が大事だと思います。そしてそれを正しく表現すれば良いのです。
この俳句からは個性を見出だそうというガッツは感じるのですが空回りしている感じがあります。ガッツは感じましたよ!

点数: 4

添削のお礼として、塩豆さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

よちよちが湯あみの盥夏は来ぬ

作者名 藤井茂 回答数 : 1

投稿日時:

鞍馬行電車の上を雁渡る

作者名 久田しげき 回答数 : 2

投稿日時:

嬰児の枯れ葉踏さくさくママにこり

作者名 こま爺 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『行く春をひらりひらりと君の肩』 作者: なおこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ