俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

連綿電脳歓楽街の天の河

作者 トーマ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

現代社会において都市の文明の灯火が星空を奪ったという話は飽満気味ですが、この句ではそれを逆手に取って、こと日本において都市文明の象徴とも言える秋葉原を代表とする歓楽街の連なりがまるで天の河かっこに見えることを詠みました
上五中七を漢字で表記することで電脳歓楽街という言葉の無機質感と天の河の柔らかさを対比させました
季語 天の河

最新の添削

「連綿電脳歓楽街の天の河」の批評

回答者 ハオニー

はじめまして
この道場で一番毒舌なハオニーです
「下手な俳句を見ると機嫌が悪くなる」ような方の気持ちを理解し始めています

なかなか鋭い考察ですね
硬質な字を選んで並べ、天の川と対比する作戦は、私のような手堅い方法がきちんと出来る人がとても気に入る作戦です

しかし、「秋葉原といった歓楽街が天の川のようだ」という結論は少しずれた気がします
季語が主役になっている俳句が幸せなのです
これは残念ながら、季語は主役になりきれずに比喩に回ってしまっています

私なりの方法を少し...

秋葉原の歩行者天国にも銀河
とやってみます
すると、最後の「銀河」で夜の光景だとようやく分かります
秋葉原の空に銀河が広がっているけど、「にも」のおかげで、もしかしたら「銀河のようなものは、歩行者天国のどこかにあるかもしれない」と思わせることが出来るのです

六八五という危険な方法ですが、わざと字余り2ヶ所つくったのです
上五の字余りに注目させ、中七の字余りの印象を薄めたのです

こんなものは添削とはいえないのですが、もしかしたら私の力がなくても皆さんに伝えられる句に出来るかもしれないと思いました
だから敢えて俳句を添削しないのです

このように俳句を理論的に考えられる人は、いつか才能が開花します
私もそちら側でしたから

なんとなく俳句をつくっていないことだけは、俳句を見て直感しました

点数: 2

添削のお礼として、ハオニーさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

稜線へディミニュエンドや流れ星

作者名 かぬまっこ 回答数 : 13

投稿日時:

今朝もまた見間違うごと芽吹きかな

作者名 登盛満 回答数 : 2

投稿日時:

栗半分実を食べつくし舟にする

作者名 森本可南 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『連綿電脳歓楽街の天の河』 作者: トーマ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ