俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

オフィスごと廃つる雨夜の秋深々

作者 まほろば  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

おはようございます。
かたつぶり改めまほろば、まほです。
昨日も有用で懇切なアドバイスをたくさん有難うございました。つくづく、思ひて学ばざれば即ち危うしなんですね〜

今日は予定通りに「粗大ゴミ〜」の句の再考案を掲げさせて頂きました。改良であれば幸いです。

元句の上七中五の勢いを卓鐘様から評価頂いて嬉しかったのですが、角を矯めていないかと思います。そして「オフィスごと棄つる」は、元句に比べて大げさになった感もあり(もっとも後半の深刻さとはマッチしますが)、さらに、初案「雨の夜」を「雨夜」に変えて流れ•調べは良くなった感じですが、「雨夜」は今はあまり聞かず、記憶では「雨夜の品定め」など中世の言葉かなと感じます。
元句は明るい軽い方向に受け取ってもらえる余地もありましたが、これで惨憺の状況に決まってしまい共感を呼びにくくなったかなとも思います。

どうぞよろしくお願いします。

最新の添削

棄てられしオフィス一式水澄みぬ

回答者 イサク

こんにちは。

先にコメントを出している三名からいろいろ出ているので重なる点が多いのですが、私なりにまとめます。

◆全体で「アイデアを詰め込みすぎた」のではないかと。
◆「オフィスごと廃つる」(「廃つる」は「す(棄)つる」ですよね?)で、自分が捨てていますね。ちなみに前の句でも私は「自分が捨てたオフィス一式」と受け取っていました。
 棄てられたのは主人公が見るよりも前の話なので、珍しく過去助動詞「き」の連体形「し」が生きるシチュエーションですので使っちゃいます。
◆「オフィスごと」の「ごと」に「オフィス単位で」などの誤読が発生します。
 意味は「オフィスまるごと」ですね? でもこれでも「部屋・建物まるごと捨てる」という豪快な捉え方もできてしまいます。
 デスク・棚などの意味でしたら「オフィス一式」こちらを生かした方がいい気がします(と思ったら前三名全員、そういう提案句を出していました)。
◆「雨」「夜」「秋」「深々」と、後半がゴテゴテです。
 悲しい・淋しい心情は季語ひとつに託したいですね・・・。
 卓鐘様の提案「炎天下」アリだと思います。狙って「秋思」「秋の蝉」などしてしまうと、「棄てられたオフィス一式」に近づいて「あざとさ」が前面に出てくるので・・・

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「オフィスごと廃つる雨夜の秋深々」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

推考をきっちりやっていくのさすがですね。
前句よりぐっとしっとりしました。「棄つる」(こっちでいいですよね、廃つるじゃなく)「雨夜」「秋深々」このあたりの言葉の措辞が、しんみりとさせていると思いますが、そっちに寄せる狙いかと思います(^▽^)/
やはり「棄つる」の主体は前句もそうでしたが、より自分であるようには感じます。それもそれでOK、棄てた側に振り切ったのかなという感じはしました。

棄てられたるオフイス一式秋の雨
棄てられたるオフイス一式秋夜雨
棄てられたるオフイス一式秋深々
棄てられたるオフイス一式秋深し

自分が棄てたというより棄てられているという風に持っていきましたが、秋夜雨が造語なので、何かを削らないといけなくなる提案です、、(*'▽')

もう、棄つるの主体が棄てる側の句として読んだ方が味があるような。

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「オフィスごと廃つる雨夜の秋深々」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

再登場失礼します!

オフィスごと棄つる、とてもいいと思います!捨てられたのを見たとするならという提案句ですから、流してくださいねー。

月更くる。ありがとうございます😊
起床が遅い仕事をしてるので、夜更けから夜明けまでが私の自由満喫時間なんです。なので、専ら夜を中心に句が詠まれ日中は仕事中の発見となります😆

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「オフィスごと廃つる雨夜の秋深々」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。まほろば様、いつもお世話になってます。

御句、少し前に投句なさった「粗大ゴミはオフイス一式虫時雨」のリメイク版ですね?有難うございます。私の感想と提案句を置かせていただきます。

前句について私が鑑賞できず教えてもらいましたのは、「この粗大ゴミは誰が出したのか?」ということでした。
まほさんが出したのではないのですよね?
できれば改作は、それがすんなりわかるといいなと思いました。そうでないと、読み手としては、感慨の持って行き場に困るのです。自分で出したのと人が出したのでは当然違いますよね。
また、個人的に、改作は中七後半と下五がなんだか秋と雨のかたまりのようで、もう少しスッキリできるのではないかと思いました。

そこで私の提案句ですが、
・オフイスごと棄てる人あり秋の雨
・棄てられしオフイス一式秋の雨

「棄てる」は「棄つる」がいいのかもしれません。よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

捨てられたオフィス一式炎天下

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

いいですね!いろいろ言っちゃいますが、気にせずいろいろチャレンジしてみてください。

「雨夜の秋深々」がかなりくどいです。もう悲痛な感じを言いたいばかりに、雨に、夜に、秋に、深々に。何だか、安っぽい演歌のようです。(言い過ぎですみません。)もう心情を何とか言いたくて全部突っ込んだって感じです。17音しかないので、こんなに意味をかなせて詰め込まないほうがいいと思います。

またこの句は、作者がオフィス一式を粗大ゴミ捨てているその瞬間の句です。(それよみたいのであればそれでいいです。)

というかこの句は秋が本当にいいのかなぁ、夜だったり、雨だったりがいいのかなぁが疑問です。雨だったり夜だったりするとゴミの姿は見えにくいし、なんかびしょびしょでそっちが気になる。(オフィス一式のゴミと喧嘩しちゃうような気がしてならない)まぁこれは僕の感覚なので決して押し付けるつもりはありません。
僕なら、夏の日中が似合うと思った次第です。

点数: 1

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

紅梅や桃源郷に父は居る

作者名 堀籠美雪 回答数 : 4

投稿日時:

まんばうの刺身喰ひたし冬の月

作者名 めでかや 回答数 : 4

投稿日時:

くちぐせが母に似てきて秋桜

作者名 おかえさき 回答数 : 12

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『オフィスごと廃つる雨夜の秋深々』 作者: まほろば
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ