俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

秋の虹ひと呼ぶうちに消えゆけり

作者 久田しげき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

片脚だけがうっすらと。

最新の添削

「秋の虹ひと呼ぶうちに消えゆけり」の批評

回答者 なおじい

こんにちは。久田しげき様、いつもお世話になってます。
拙句「ぎすぎすと金婚」にコメント有難うございました。とても励みになります。

御句、私もこういう経験ありました。そこで最近は、人を呼ぶ前にスマホで写真を撮り、ゆっくりそれを見せる、というふうにしています。とはいえ、それほど虹に出会わないのが正直なところですが。
「秋の虹」のほうが消えやすいとか、そういうことってあるのですかね?私は下五の「消えゆけり」という措辞が無理がなく自然で、こういう時こそ「ゆけり」を使うんだという見本のような気がしました。
佳句を有難うございました。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

卒寿の冬生きて行きます何処までも

作者名 田中喜美子 回答数 : 1

投稿日時:

姿なき声なき君は霧の中

作者名 葉月庵郁斗 回答数 : 7

投稿日時:

君がためためらひてぬぐ花衣

作者名 かぬまっこ 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『秋の虹ひと呼ぶうちに消えゆけり』 作者: 久田しげき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ