俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

川の字に眠りし日々やさんま焼く

作者 よし造  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

秋刀魚焼くのようなありふれた日常的な行為は、
子供が幼かった頃のことを思い出させる。

最新の添削

「川の字に眠りし日々やさんま焼く」の批評

回答者 なおじい

こんにちは。よし造様、いつもお世話になってます。

拙句、「駐在」の句は、確かに田舎の駐在さんのようですね。
また、「半分こ」の句、これは妻の口ぐせで、今でもよく「半分こ、半分こ」と言います。それだけ我々が食べる量が減ってきたと言うことですが(笑)。

御句、秋刀魚は色々なことを思い出させる魚だということを象徴するような句ですね。しみじみします。
私も川の字に寝ていた頃を思い出しました。そのうち「州」の字のようになりましたが…。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「川の字に眠りし日々やさんま焼く」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句、とてもいいですね。
兼題さんまに何を詠むべきか。
例句を見ていても、焼くシーンの描写や夕景などの風景やにおい・煙・脂などなど。
秋刀魚自体の持っている連想の力ってどういうものかと悩みますが、
御句を拝読して、一つにノスタルジーがあるのかもしれないと思わされますね(*'▽')
あの頃の暮らしとさんまってとても響いているように思います(*'▽')

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

川の字の妻子浮かぶやさんま焼く

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

コメントありがとうございます。「イサクさんが詠むべき俳句ではない」どの点でそう思ったかわかりませんが、自分的にはそうでもないです(助詞も含め)。というかむしろ、何でも詠んでいるつもりですしポカもありますし。
それとも、(自称)大スランプ中なのを見抜かれているのかもしれません。

御句、初読は「えっ過去形?」と思いました。過去を想う句だったのですね。
句集などで前後の句と並べて置いておくのはありと思いますが、単独でみると「今は?」という疑問が付きまとうように思います。
あと、過去形+「日々」が少し野暮ったいかな・・・とも。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

新調の白きチノパン夏近し

作者名 葉月庵郁斗 回答数 : 7

投稿日時:

ロビーには色紙を飾り室の花

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

炎天下打たれるもんかストライク

作者名 匿名a 回答数 : 4

投稿日時:

要望:厳しくしてください

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『川の字に眠りし日々やさんま焼く』 作者: よし造
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ