俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

絵手紙に蜜柑の花のあふれけり

作者 白井百合子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

コメントお願いいたします。

最新の添削

「絵手紙に蜜柑の花のあふれけり」の批評

回答者 ハオニー

俳句は神野紗希先生の初心者向けの本を一番頼ったハオニーです
藤田湘子先生の初心者向けの本は難しくて読んでいないです(

ちょっと上手くなるためには、一度出来た句を振り返ってみることが大事なのです
せっかくですので...

絵手紙よ白きみかんの花あまた

この句から見てみましょう

「白き」は不要で合っています
蜜柑の花は基本的に白っぽいです
もし、白井さまの見た蜜柑の花が黒ければ、「黒き蜜柑の花」と書かないといけません
みんな蜜柑の花は白だと思い込んでいますから、「白き」と言うのは野暮です

「あまた」は不要というより、この言葉を入れたらまとめにくくて処理に困るのでしょう
本当に必要な言葉は「絵手紙」と季語「蜜柑の花」です

「あまた」と言わずにたくさんあると表現するなら、「あふれる」という動詞が適しているでしょう
だから
絵手紙に蜜柑の花のあふれけり
としたのでしょう
この形だときちんとまとまっています
きちんとどういう場面なのか、他人でも分かります

しかし、ハオニーはここからが本番です
これはたぶん、プレバトにおける名人クラスの調整です
かなり難しい内容ですが、いずれ理解できる時が来ることを願って書きます

「あふれる」という動詞が安易かもしれません
そして「蜜柑の花」という季語がきちんと活きているかは少し疑問です

下五字余りにして、あえて難しいことやってみます

絵手紙に蜜柑の花の華やぐ朝
とすると、華やいでいるのは絵手紙の中の蜜柑の花だけでなく、実際の蜜柑の花も華やいでいる朝なのだろうと想像しやすくなります

これがもし
絵日記に蜜柑の花の華やぐ朝
だとしたら、季語の鮮度は何とかなるのです
絵手紙はどの季節に出したものとも考えられますが、絵日記に描いた絵なら、「そんなことをした思い出がある」ためきちんと季語は力を発揮してくれます

点数: 3

添削のお礼として、ハオニーさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「絵手紙に蜜柑の花のあふれけり」の批評

回答者 かぬまっこ

今晩は✨この句は絵手紙の中に蜜柑の花があふれている、という句ですね。だとしたら、季語の鮮度が弱まると思います。絵手紙の蜜柑の花ですからね。この前の蜜柑の花の香の句の方がいいですね。

点数: 1

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

水切りの腕前競う芋煮会

作者名 ダック 回答数 : 7

投稿日時:

夜をひとり歩きて見るや遠花火

作者名 さつき 回答数 : 1

投稿日時:

護送車の過ぎゆく窓やしぐれけり

作者名 一本勝負の悠 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『絵手紙に蜜柑の花のあふれけり』 作者: 白井百合子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ