俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

抱きしめる残り香溢れる羽毛布団

作者 吉田雅治  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

さっきまで一緒にいた恋人が帰ってしまい、ベッドに一人残った私が彼女の匂いが残った羽毛布団を抱きしめ、もっと一緒にいたかったなぁとしみじみと想う気持ちを詠みました。季語がないと思うのですが、、、よろしくお願いします

最新の添削

抱き合った布団に残る香り抱き

回答者 ワイス

香りがほのかに残るところに溢れるという描写は矛盾してるかなと思いました。

恋人のいた時の嬉しさと恋人がいなくなったあとの寂しさを同じ抱くという表現で重ねたらちょっとオシャレかなとおもい提案します

点数: 0

添削のお礼として、ワイスさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「抱きしめる残り香溢れる羽毛布団」の批評

回答者 腹井壮

吉田雅治さん、こんにちわ。はじめまして、腹胃壮と申します。実は布団や毛布も冬の季語です。ですから季語が入った句になります。羽毛布団という細かい描写が生々しくて気に入りましたので上五を字余りにさせて

羽毛布団に君の香りの残りけり
羽毛布団に君の匂ひの残りけり

字余りを避けたいのでしたら

昨晩の君の香りの布団かな
昨晩の君の匂ひの布団かな

季語はないパターンとして上五を字余りにさせて

シングルベッドに君の香りの残りけり
シングルベッドに君の匂ひの残りけり

音数の制約があるのと淡々と描写するのが好きですので「抱き締める」は外しました。工夫次第で細かいニュアンスを色々と表現できると思います。参考になれば幸いです。

点数: 0

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

「抱きしめる残り香溢れる羽毛布団」の批評

回答者 ハオニー

はじめまして
寂しさの句に慣れてきたハオニーです

「布団」は冬の季語になりえるのです
歳時記になくても、ネット上の歳時記のようなページには載っていることがたびたびあるものです 

これは自分の布団を嗅いでいる人の可能性が浮上しました
私が想像豊かだからかもしれませんが、意中の人を意味する「君」はほしいです

となると、残り香はあって当然です
逆に「残り香がない」と言い寂しさを際立たせる方法があるのです
絶対にないはずのものをあると言い切ったり、その逆だったりは、詩を発生させる方法なのです

君の香は羽毛布団になかりけり

点数: 0

添削のお礼として、ハオニーさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

白南風の運ぶ白雲通知表

作者名 流れ星 回答数 : 0

投稿日時:

春陰やかく甲高き耳鳴り

作者名 文室七星 回答数 : 4

投稿日時:

参拝の願ひに太る氷柱かな

作者名 そうり 回答数 : 6

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『抱きしめる残り香溢れる羽毛布団』 作者: 吉田雅治
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ