俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

折りたたむ携帯映る遠花火

作者 よだか  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

連絡を待つ、寂しい気持ちを表現しました。

最新の添削

遠花火知らせて携帯折りたたみ

回答者 なおじい

よだかさん、こんにちは。

御句を読ませていただいた私の感想と、提案句を置かせていただきます。

俳句は本来は、五七五の句そのものを味わうものですから、その背景とか説明は付属しません。しかしこのサイトは道場ですので、皆コメント付きで投句します。プレバトなども(ご覧になっているかわかりませんが)バラエティですので、あのように再現映像まで付けて読み手の理解を促進しようとしています。
そこで御句ですが、俳句だけでは少々わかりにくく、コメントを読んでも今一つ理解が進みませんでした。ただ、何度も読んでいるうちに、次のような句意かなと。
「どこか遠くで打ち上げられている花火を携帯で撮影した。そして、「よかったら一緒に見ないか?」とかのメッセージとともに誰かに送り、携帯を折りたたんだ。」という情景。
今時ガラ携ですか?余計なお世話かもしれませんが、この「折りたたむ」に色々な感慨がこめられますので。
遠花火とは、目の前でドーンと打ち上がる花火ではなく、遠くに見える花火、あるいは見えなくて音だけ聞こえる花火のことを言います。それが携帯の映像だけであると、季語が可哀想だなと思いました。

よろしければ私の最新の投句に、その時の状況をもう少し聞かせてもらえませんか?

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

我一つ友一つ積むケルンかな

作者名 よし造 回答数 : 4

投稿日時:

スナップを効かせ打水遠くまで

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

古町の水湧く音や月明り

作者名 久田しげき 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『折りたたむ携帯映る遠花火』 作者: よだか
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ