俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

鮎の川等間隔に竿を振る

作者 久田しげき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

徐々に深みへ。

最新の添削

「鮎の川等間隔に竿を振る」の批評

回答者 なおじい

こんにちは。久田しげき様、いつもお世話になってます。

御句、私は鮎釣りは全く経験がありませんが、やっている方々のことは、実際に、および映像で拝見ささたことがあります。確かに等間隔で並んでらっしゃいますね。

興味深かったのは、おそらくそれは、どこかにポスターが貼ってあるわけでもなく、誰かから「等間隔を空けて釣ってくださ〜い」なんてマイクで言われたわけでもなく、自然とそうなっているんだということです。ソーシャルディスタンスなどという言葉もなかった、それ以前から他の人の邪魔にならないようにそうなっていたわけですよね。
そこで思い出すのが、夏の鴨川べりのカップルです。これまた、誰が調節したわけでもないのに、きれいに等間隔で並んでいます。

御句に関係なくて申し訳ありませんが、「川の等間隔」ということで懐かしい思い出がよみがえりました。有難うございました。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

その他の添削依頼

春日中猫の瞳は六時なり

作者名 さつき 回答数 : 2

投稿日時:

面合わせ居並ぶタワマン寒の月

作者名 なおじい 回答数 : 10

投稿日時:

藤垂れていにしへの風牛車の音

作者名 みそまめ 回答数 : 8

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『鮎の川等間隔に竿を振る』 作者: 久田しげき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ