俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

庭先に蜂訪れて低姿勢

作者 雪柳  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

野茨が咲いてよく蜂が来ます。つい腰を屈めます。その時の様子を、詠んでみました。添削ご指導宜しくお願いします。

最新の添削

「庭先に蜂訪れて低姿勢」の批評

回答者 ハオニー

この叙述は間延びしていますね
引き締めたような描写でないと音数を余計に使ってしまい、オリジナリティが出せずに終わってしまうものです

そして、「低姿勢」なのは蜂なのか作者自身なのかが分かりませんでした
何か工夫をしようとしたのは伝わるのですが、一句の展開が悪いためにここだけ浮いています

本気で「低姿勢」を活かすなら、低姿勢なのは作者か蜂か書くべきです

私は蜂が低姿勢なのだと思いました
低姿勢を下五の着地に用いると、変な感じがします

ならばいっそ上五に持ってきて
低姿勢のミツバチ蜜を求めをり

というくらいまでは、私の力でいけます
まだまだ中七はいろいろ考えられますから

そして、作者が低姿勢の場合も考えてみました
低姿勢にもなる蜂が必死だから

これ、ある俳人の句を模倣しているのです

点数: 2

添削のお礼として、ハオニーさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

その他の添削依頼

下萌や雲影走る山の裾

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

ゆうちゃみとみちょぱ見紛ふ花野かな

作者名 なおじい 回答数 : 23

投稿日時:

とれたての土の匂ひの水菜かな

作者名 佐渡 回答数 : 7

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『庭先に蜂訪れて低姿勢』 作者: 雪柳
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ