俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

をりとれば微かな香り木槿かな

作者 森田 広務  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

家の垣根の一景です。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「をりとれば微かな香り木槿かな」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
はじめまして、げばげばと申します。

御句はじめて拝読しました。
とてもいい句ですね。香りがかすか匂い立つような、爽やかな気持ちになりました。

「をりとりて微かに香る木槿かな」と切れを作らないパターンを想定したのですがいかがでしょう?おりとって手にあるのに、そこからカットが切れるのに少し違和感があったからです。

「をりとりてはらりとおもきすすきかな」飯田蛇笏

を想起しました。俳句において嗅覚ってとてもとても重要な感覚ですね。一気にその光景に飛び込むことができますね(*'▽')

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

杉の山ぽつんぽつんと秋の色

作者名 菊花 回答数 : 1

投稿日時:

昼寝妻額に刻む赤一線

作者名 といろ 回答数 : 1

投稿日時:

要望:厳しくしてください

もう一つ仕事増やした師走かな

作者名 翔子 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『をりとれば微かな香り木槿かな』 作者: 森田 広務
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ