俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

吾の俳句見たくもなくてところてん

作者 イサク  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

五月頃のスランプ時に作った自虐句。「冷奴」様の方がいい気がしてきた。

前の句、「融ける」が近いのご指摘ありがとうございます。確かにそうです。
季語からの作句ではやらかしがちです。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「吾の俳句見たくもなくてところてん」の批評

回答者 知世

句の評価:
★★★★★

いつもありがとうございます。
俳句は遊ぶ時こそ全力で、慎重に…よく分かりました。
といいつつ「くじびき」の句はどうも脇が甘かったようですね。
既に他の方のコメント欄に書いてますがシャーリー・ジャクスンの短編に影響を受けています。
我々とは違う価値観で生きる人々を詠んだ、言ってしまえばファンタジー俳句です。
意思とは無関係に決まる未来と笑顔の人々との取り合わせ、少なからず不穏さを出せるかと思ったのですが力不足でした。
おそらく私のようにディストピア小説を読み漁っている人々とは、少なくともすんなり世界観を共有できると思うんですよね。
しかしここはそうでない人が大半の場で、そこで発表するために如何に工夫するかといったことは考えていませんでした。
少なくとも「添削道場」でコメントを募っている以上独りよがりではいけませんね…。
でも無季については拘りたいです。
全員白いツナギ着て番号で管理される世界には四季とかないですから(ある作品もあります)

冷たくて水みたいだからでしょうか、夏の印象とは異なり夏の食べ物の句は仄暗い心を詠んだ句が多い気がします。
冷奴とところてん比べるとところてんには多少ユーモアや可愛げがあるように思いますね。
冷奴と自虐の取り合わせは電気の消えた部屋でじっと小鉢を見つめているような印象です。
どちらが良い季語かはきっとイサク様の心境次第ではないかと思いました。

点数: 0

添削のお礼として、知世さんの俳句の感想を書いてください >>

「吾の俳句見たくもなくてところてん」の批評

回答者 ダック

句の評価:
★★★★★

イサク様
こんばんは。「春暑し・・」ですが、同日に4つ投稿した中の一つが載っていたので他はよくみておらず気がつきませんでした。俳号を変えての複数投稿はしていません。こういうこともあるのですね。どうせなら中級の方と同じであればと思いますがそのレベルではないですね。
また違う兼題の没句を出そうかと思いますので宜しくお願いします。

点数: 0

添削のお礼として、ダックさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

夏の山汽車の音だけが残りけり

作者名 シゲ 回答数 : 2

投稿日時:

公魚や釣る人釣らぬ人しずか

作者名 あらちゃん 回答数 : 7

投稿日時:

アミノ酸の海竹藪の囀り

作者名 こま爺 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『吾の俳句見たくもなくてところてん』 作者: イサク
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ