俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

炎昼の汗心地よき田舎道

作者 田 奈  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

人生初の一句です。
梅雨があけ、一気に暑くなってきました。もともと夏が苦手な私ですが、今日家の近くのスーパーに買い物に出た時、大きな雲と広がる畑、そこに咲いている向日葵のコントラストに感動して暑さを忘れて写真を撮るのに夢中になってしまいました。
一通り撮り終えると、額や背中に汗が伝っていましたがそれも気持ちいい、夏も悪くないなと思いこの句を読みました。

最新の添削

夏の昼

回答者 イサク

こんばんは。はじめまして。よろしくお願いします。

先んじてひとつ。「汗」も夏の季語になっており、季重なりの状態です。
以下では季重なりを気にせずコメントします。よければ自ら直してみてください。

俳句で「炎昼」などという季語を選ぶあたりが凄いですね。

句自体は、「炎の燃えるような暑さの夏の昼、汗が心地よい田舎道です」という意味になっています。
何もせずに汗をかいて心地よいことになっており、どちらかというと夏が好きな人の句ですね。

まず、「炎昼」というのは文字通り「炎の燃えるような暑さの夏の昼」という意味です。これを「心地よい」というのは相当なものなので、コメントから察するに、ちょっとこの季語を諦めましょう・・・単に「夏の昼」ぐらいでどうでしょうか?

あとは、作者様の選択次第ですが
◆何かをしていて汗をかいた、という情報を入れるかどうか?
◆コメントの状況と「田舎道」は違いますね。ここを修正するかどうか?
◆「心地よい」と書かずに、他の部分で心地よさを句の受け手に伝えたいのですが、どうしましょう?

全部入れると、こんな感じになります。
・撮影に夢中の夏の昼さがり
汗もなくなっちゃいました。

入れずにおくと(炎昼だけ変えます)
・夏の昼汗心地よき田舎道
比較して、この句の意味はどう感じるでしょうか・・・?
ただ、夏に田舎道にいて、汗が気持ちいいよって言ってるだけに感じませんか?

こんな感じで作ってます。

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「炎昼の汗心地よき田舎道」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★
★★

こんにちは。
はじめまして。げばげばと申します。
人生初の俳句いいですね。私も駆け出しですが、どっぷり俳句に浸かっています。

御句拝見しました。
まず、五七五で詩を作ろうとした時点で俳句だと言っていいと思います。
一方で、季語は17音の中でけんかしないように一つにしようという考えもあります。今回は「炎昼」と「汗」が夏の季語なので二つ入っていることにはなります。

そして、コメントを見ていると素敵と思った光景がいろいろある中で、季語を「炎昼」と選んだところです。「炎昼」は光景のない季語で夏のじりじりと暑い感じを醸し出す季語ですが、どちらかというと田 奈さんの心情としてはさわやかさが出したいのではないかと思います。その場合は「炎昼」より「梅雨明け」とか「夏深し」とか爽やかな季語がよいかもしれません。

あとは、具体的な光景をどう描いていくか。まず田舎道というのは、ただの道でなく田舎道なので、読者の想像をかきたてるのは効果的です。「夏雲」や「向日葵」を季語とするのも一つの手ですね。どこを映像いしたいかを絞っていくとよいと思います。

梅雨明けや緑黄色の田舎道
スーパーの袋片手に夏の雲

一例です。少しずつ具体的な光景を入れてみました。
具体的であるほど、読み手の味わいが深くなります。ぜひ、いろいろ俳句を詠んで失敗して推敲してを繰り返してみて下さい。このサイトのみなさんは、厳しくも的確な言葉をいつもくださいます。私も勉強中です。他の方の句をどう思うとコメントするときにも勉強になるので、ぜひコメントもしてみてください!

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

母の日や絵本の棚は低き棚

作者名 長谷機械児 回答数 : 5

投稿日時:

六波羅のもみじ日野資朝の首

作者名 白南風と黒南風 回答数 : 0

投稿日時:

春靄のとばりにかすむビル群棲

作者名 エスプリ 回答数 : 0

投稿日時:

要望:厳しくしてください

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『炎昼の汗心地よき田舎道』 作者: 田 奈
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ