俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

学食の欠けて罅いる椀と皿

作者 黒徹  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

高校時代の学食の体験談です。

最新の添削

「学食の欠けて罅いる椀と皿」の批評

回答者 げばげば

こんにちは。

今回も季語がないように見えます。
ここに季語を盛り込んで、この体験談の季感を出してみるのも一つの練習になると思います。

夏深し学食の罅われた椀
風死すや学食の罅われた椀
梅雨曇り学食の罅われた椀

季語を入れただけで、この句に流れる季感が現れて、読んでいる人も、今こういう光景なのだな、作者はこういう感情なのかなと想像できたりする。まずは思いついたこととぴったりの季語を取り合わせてみるところから始めてみるのもいいかもしれません。

句の評価:
★★★★★
★★

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

豆をまくお面の下はパパの顔

作者名 洋子 回答数 : 1

投稿日時:

よちよちに添ふてふてふの道しるべ

作者名 葉月庵郁斗 回答数 : 11

投稿日時:

梅雨晴やごめんいいよと仲直り

作者名 気まぐれ亭いるか 回答数 : 7

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『学食の欠けて罅いる椀と皿』 作者: 黒徹
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ