俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

空蝉の化石の如く転がりぬ

作者 洋子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

家の玄関先に蝉のぬけ殻が 転がっていました。いつ 何日位そこにあったのか 分かりませんでした

最新の添削

門口の空蝉や化石の如し

回答者 げばげば

こんにちは。
空蝉一物での句、なかなか難しいですね。私もなかなか一物にチャレンジできません。

御句、やはり転がりぬ、の説明措辞を解消したいですね。
句またがりですが、提案句です。熟語と助詞助動詞だけにしてみました。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

空蝉の人に知られず転がりぬ

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。洋子様、いつも勉強させていただいております。

御句、確かに蝉の抜け殻って、「え?なんでこんなところに?」ということありますよね。
洋子様はいつからこんなところにあったのかわからないという様を、「化石の如く」と例えられました。
私は、個人的に、化石というと何かすごく値打ちのあるものを発見したように思えてしまいましたので、提案句は、どこにでも転がっているつまらないもの感で表現してみました。
当人(当セミ?)には大変な変化だろうに、誰もそれには気がついていない、という情景です。
よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

空蝉や形のままに転がりぬ

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

一物仕立てで、比喩のみの勝負。難しいところに挑戦されましたね!あっぱれ。
何が難しいって、比喩に意外性と納得感のちょうどいいバランスが要求される。空蝉が化石みたいというのは、その見た目に一定の納得感があるものの、意外性という点で弱いかもしれません。(まぁ形似ているよねぇという。)

意外性を出す発想法の一つとして、ものじゃないもの(抽象的なもの、形がないもの)で比喩するって方法もありますね。

いろいろ考えたけど、いい比喩が思いつきませんでした。
比喩を諦めた一物仕立ての提案句。

点数: 0

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

空蝉のありて化石の如きかな

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

「化石の如き空蝉」は共感できる良い比喩だと思います。

「空蝉が化石のように転がっている」という流れが報告文になっていますね。
「転がりぬ」の説明をやめて、「まるで化石のようだ」という詩を強めたいかな・・・と思います。

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

スカートをめくる男子をしばいて蚊

作者名 幸福来々 回答数 : 1

投稿日時:

九条葱白き袴で並びをり

作者名 阿弥陀 回答数 : 3

投稿日時:

天の川君に手渡すカプチーノ

作者名 友也 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『空蝉の化石の如く転がりぬ』 作者: 洋子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ