俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

こみ上げし岩漿のごとイチゴパフェ

作者 卯筒  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

注文したイチゴパフェがあまりにも大きくあまりにも赤くまるでマグマのようだった

最新の添削

「こみ上げし岩漿のごとイチゴパフェ」の批評

回答者 げばげば

こんにちは!
いつも勉強させていただいています。

いちごパフェをマグマとたとえるのはおもしろい発想ですね。比喩は発想が勝負ということがよくわかる句ですね。岩漿とかかずにマグマとストレートに書く方が驚きやおかしみが伝わるかもしれませんね。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

こみ上げし岩漿のごとイチゴパフェ

回答者 黒徹

句の評価:
★★★★★

はじめまして。
初心者物ですが、添削失礼します。
イチゴパフェは季語として薄い感じになると思います。
ただイチゴの赤い情景をマグマに発想されたのは素晴らしいと思います。
上五と中七が効いてますね。

点数: 1

添削のお礼として、黒徹さんの俳句の感想を書いてください >>

こみ上げるマグマのような苺パフェ

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

好きです。この句!季語問題は、苺パフェとの表記するだけでも違うかもですね。ちゃんと苺の存在感が出せて。個人的な好みですが、こういう句は口語がいいと思います。
「こみ上げし」のしは基本的には過去になるのも臨場が損なう気もするし。(過去じゃない意味で使うことも俳句ではよくありますが。)

点数: 1

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

湧き上がるマグマのごときイチゴパフェ

回答者 小西晴菜

句の評価:
★★★★★

卯筒さま、はじめまして。批評、添削などおこがましい初心者ですが、自分が同じ場面に遭遇したらどう感じるか、と考えました。パフェの形状を岩漿の比喩で表しておられる点がとても面白いですね。でも、食べものを前にして「こみ上げる」というと、「こんな大きいパフェ、食えるかよ」と困惑している感じ。「スイーツは別腹」派の私ならば、パフェの形状に比例して、マグマのような食欲と至福の喜びが湧き上がってくると思いました。

点数: 1

添削のお礼として、小西晴菜さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

宛名書き暫し手を止め卵酒

作者名 中村あつこ 回答数 : 2

投稿日時:

風光る犬の背躍る散歩道

作者名 本吉淑子 回答数 : 2

投稿日時:

体育の日なり朝より竹刀振り

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『こみ上げし岩漿のごとイチゴパフェ』 作者: 卯筒
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ