俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

山小屋のカレーライスや白馬燦

作者 よし造  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

山小屋というとカレー、スキーというとラーメン、でした。

最新の添削

山小屋のカレーに当たりはずれあり

回答者 なおじい

こんにちは。よし造様、いつも勉強させていただいております。

先ほどは拙句について長々と失礼しました。

御句ですが、最後の燦、キラキラ輝くというような意味ですね?ひばりさんの愛燦々の燦でしたね。失礼しました。
登山というお題を受けての作句と思われ、山小屋をお詠みになったのはさすがと思いますが、食事をカレーライスに、地域を白馬に限定してしまっていいのかなと思いました。確かに山の夕飯はカレー、山と言えば白馬、それは確かにそうですが、想像の広がりが限定されてしまうような気がして…。

提案句は、カレーは残させていただき、カレーはカレーでも色々あるよ、だから山は面白いんだよ、みたいな意味を持たせたつもりです。

そんな話していたら、無性にカレーが食べたくなりました!

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「山小屋のカレーライスや白馬燦」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。よし造様、いつも勉強させていただいております。

拙句「素麺のつゆ」ご評価ご添削有難うございました。
よし造さんは私の拙い句の意図するところをご理解くださいました。おっしゃる通り、あれは素麺かあるいは冷麦でなければ成り立たない句だと思っています。いま一つ食欲の無い暑い夏に、ガラスの器に、自分でつゆのもとを入れて水で薄める。かつては原液のままくらい濃いつゆで食していましたが、今年、ふと気がつくと、なんだかとても薄いなぁと。そう言えば、年々自分で薄くしているのかも…、という感慨でした。ですので、夏の食べ物、ガラスの器のように濃い薄いが見える、自分で作る(調節する)ということで素麺か冷麦しかなかったのです。有難うございました。

さてごめんなさい、御句につきましてはこの後、最後の「燦」を勉強してあらためてご返信させていただきまし。申し訳ありません!

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

山小屋のカレーライスや冬燦ゝ

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

名所読む場合には、無季でも良いと芭蕉は言ったそうですが白馬がそれほど強くないし、夏の白馬も素晴らしいので、諦めて季語を入れるほうがいいと思います。

点数: 1

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

「山小屋のカレーライスや白馬燦」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

この句は「白馬燦」で言い切ることの勇気の評価ですね。その一点につきます。
上五中七が季語を含む状況描写のため、下五の扱いが非常に重要なのですが、これはすごいと思います。
(念のため確認ですが、「白馬山」の変換間違いではないですよね・・・?(笑))

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

山小屋のカレーライスよ白馬輝く

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

こんばんは🙂
「白馬燦」…「白馬山」…ですか…?
ちょっと、どうですかね…
駄洒落っぽくなりますね。
字余りでも、シンプルなほうがいいように思えます。

点数: 0

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

妻のことあらためて知る衣更

作者名 卓鐘 回答数 : 6

投稿日時:

綺麗だね季節だからね赤い薔薇

作者名 いなだはまち 回答数 : 8

投稿日時:

初恋の味送られて冬林檎

作者名 翔子 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『山小屋のカレーライスや白馬燦』 作者: よし造
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ