俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

星空や脚垂らしつつ宿浴衣

作者 黒徹  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

体験談です。
膝から脚に変えて見ました。

最新の添削

「星空や脚垂らしつつ宿浴衣」の批評

回答者 かぬまっこ

おはようございます(*^^*)
景色が見えますね。
ただ、宿浴衣は一年中のものなのでやや季節感がなくなるような気がします。因みに私の歳時記には宿浴衣は載っていません。
宿浴衣に似た湯帷子(ゆかたびら)という季語が浴衣の傍題にあります。なので、こんなのはどうでしょうか。

星空や脚を垂らして湯帷子

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

回る寿司器のこだわり消えていゆく

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

風鈴の音だけ響く午後の空

作者名 シゲ 回答数 : 1

投稿日時:

Jアラート凍てつく波の繁華街

作者名 そうり 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『星空や脚垂らしつつ宿浴衣』 作者: 黒徹
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ